カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


シュタイナー教育

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

シュタイナー教育

シュタイナー教育の普及に奔走 2歳児預け留学も
ドイツ文学者で早稲田大学名誉教授・子安美知子さんが昨年7月、83歳で亡くなりました。
一人娘のフミさん(54)がドイツで通ったシュタイナー学校を日本に紹介し、「モモ」を書いた作家ミヒャエル・エンデとの交流でも知られます。
今回は昨年、筆者が美知子さんに最後のインタビューをしたときのお話を中心に、ワーキングマザーの先駆けでもあった人生を振り返ります。
●1975年に出版した『ミュンヘンの小学生』が話題に
オーストリア生まれの思想家、ルドルフ・シュタイナーの考えに基づき7歳からの12年間、一貫して行う「シュタイナー教育」は独特で、教科書や評価がありません。
体を動かす、歌う、絵を描く、手仕事をする…。こうした実践が重視されます。
来る日も来る日も算数、というように同じ科目を数週間も続けます。
シュタイナーは成長段階を大きく7年ごとに捉えていました。
まず、生まれてから7歳ぐらいまでは、自然のものに触れることで、意志や行動力が育つ時期。
7歳から14歳までは豊かな感情が育まれる時期で、20歳くらいまでは思考力が伸び、知識を吸収できる時期、というものです。
20歳前後で「他人の評価で測るのでなく、自分の意志で道を選べる自由な人」として自立するのが目標との考えだそうです。
シュタイナー学校は世界に広がり、俳優の斎藤工さんも国内のシュタイナー学校に通った経験を語っています。
子安さん家族がドイツに留学中、一人娘のフミさんは現地のシュタイナー学校に通いました。
その経験を美知子さんは1975年、『ミュンヘンの小学生』(中公新書)に記しました。
ユニークな教育法が日本で広く知られるきっかけになった本です。
●「新しいまち」に尽力、最後の出版も
筆者は、早稲田大学の語学研究所で1994年ごろ、美知子さんにドイツ語を教わっていました。
記者になるとシュタイナー学校について美知子さんに取材を依頼し、その後、亡くなる直前までメールをやり取りするなど、交流を続けていました。
1990年代後半から美知子さんは、シュタイナー学校を含む「あしたの国 モルゲンランド」を千葉に作ろうと奮闘し、「認可を取って学校法人にしたい」と語っていました。
当時、国内にシュタイナー学校はあったものの、NPOや個人が運営していたため認可が得られず、そこに通う子どもは不登校とみなされてしまうという課題がありました。
2010年に美知子さんからいただいた年賀状には、「教育・福祉・農業などの暮らしと仕事の場をつくり、新しいまちを」「すでにシュタイナー学園とこども園が開園」「難航しつつ精一杯進みつつある」などと、「あしたの国」に関する思いや状況が記されており、衰えない情熱に驚かされました。
昨春、久しぶりに美知子さんにメールしました。
筆者は20年余り勤めた新聞社を退職し、ジャーナリスト活動をしながら社会人枠で早稲田大学大学院に入学。
子育てとキャリアについて、美知子さんの言葉をじかに聞きたかったのです。
美知子さんは、自身が関わった学校である「東京シュタイナーシューレ」の30年の記録を残すため、『日本のシュタイナー学校が始まった日』(精巧堂出版)の編集に取り組んでいました。
83歳で持病もあるのに一人で出歩いていて、勉強会の帰りという美知子さんと早大理工学部のカフェで再会しました。
●「元気に死ぬために充実感持って生きたい」
67歳で大学の仕事を辞めて以降、どうしていたかを聞くと、「自由になったの」。
シュタイナーの勉強会に参加し、カルチャーセンターの講師を務め、コラムを書き、夏はミュンヘンで過ごしていたそうです。
病気も抱えていました。2012年、ドイツで肺血栓塞栓症に。
フミさん、孫のナターシャさんら親族が現地にいて治療を受け、帰国しました。
心臓弁膜症の持病もあり、「あなたは医療の取材をしているから分かるわよね」と言って、症状や薬のこと、スポーツジムで続けた運動療法のことを詳しく説明されました。
ドイツで出会ったシュタイナー系のドクターを信頼し、「心臓の手術をしない」と決めたことも。
少しずつ、心臓が悪くなることは分かっていたようです。
「やりたいようにわがままに生きてきて今年、84歳になる。娘との葛藤や職場の悩みもあったけれど、夫はできた人でね。
私は今は現世の欲はなくて、おいしいものを食べたい、友達とおしゃべりしたい、ってぐらいなの。元気に死ぬために毎日、充実感を持って生きたい」。
こういった死生観の話をしていても、美知子さんのユーモアがさく裂。
「現世で一つ気になるのは、部屋が汚いこと。とりかかっている本を出したら、今度こそ片づけたい」と語っていました。
●産後の職場は「解放区」だった
生い立ちと仕事のキャリアについてもそのとき、改めて聞きました。
1933年、京城(ソウル)生まれ。父は経済学者。
戦争が終わり、小学生のときに帰国しました。
「民主主義、自由、男女同権を与えられて、中学から大学まで謳歌できた」。
幼いころに実母を亡くしたものの、学生生活を楽しみ、恵まれた環境だったようです。
進学した東京大学では学生運動にもどっぷり。
小説家やジャーナリストを目指し、ドイツ文学に興味を持ちました。
当時、女性は東大卒であっても働き口が見つからず、図書館や秘書の仕事を紹介されたといいます。
その後、大学院に進み、女性の解放運動家・平塚らいてうをテーマに修士論文を書きました。
同じ東大出身で思想史の研究者である宣邦(のぶくに)さんと結婚。
「夫婦とも学生で、お金を稼ぐのが大変だった。東大生の家庭教師、ってチラシを作って夜中に貼って歩いたの。人気になって、部屋を借りて教室を始めたのよ」
いくつかの大学で、非常勤講師としてドイツ語を教えました。
早稲田大学に語学研究所ができるというので声がかかり、65年から専任講師に。
当時、フミさんが生まれたばかりで、どれだけ大変だったか聞くと、意外にも「(出産後の職場は)解放区だった」といいます。
学閥、性別、国籍を問わない職場で女性が多かったそうで、会議をしていても夕方になると「子どもの迎えに行きます」という男性がいました。
宣邦さんの実家近くへ引っ越し、身内の手を借り、宣邦さんが研究室にフミさんを連れて行く日も。
2歳の娘を保育ママに預け、単身ドイツ留学も
フミさんが2歳のとき、美知子さんは奨学金を得て単身ドイツへ留学。
フミさんを日本に残し、保育ママに泊まりで預けていたと聞いて、その思い切りの良さにびっくりしました。
電子メールはないし、電話代も高い時代です。
日本からの手紙を心待ちにし、成長の様子を知ったということでした。
フミさんが6歳になって、宣邦さんも留学が決まり、3人でミュンヘンへ。そこでシュタイナー学校に出合いました。
ここまで聞いて話すのが大変そうになってきたので、「続きは、また伺いたいです」とお願いしました。
「たびたび会いましょうね」と言う美知子さんを見送り、電車で別れました。お会いするのはこれが最後でした。
教育だけでなく、シュタイナーの障害者についての考え方も美知子さんから学びました。
筆者が「ドイツで、障害者が働くシュタイナーの共同体を訪問したい」と相談すると、美知子さんには「子連れで数か月、共同体に住み込んでは。きっと見えるものがある」と提案されました。
現場に入るなら、調査や取材ではなく、共に働くのがいいという勧めでした。
美知子さんは、理解が難しいシュタイナーの世界観を「上手に紹介しないと怪しいものだと思われる」と心配していました。
昨年6月に最後の電話があり、「私も長年かけてやっとなのだけど」「なぜ今世で障害を持って生まれたのか、シュタイナーの考えがあって…」との言葉が印象に残っています。
筆者は、美知子さんの著書『シュタイナー 再発見の旅』(小学館)を読み返してこんな言葉を見つけ、少しだけ理解できたように思います。
「身体が完全さにめぐまれず、心に障害があっても、精神は健康である」
「この人生で高い発展を遂げるべく降りてきた自我のために、障害のある身体と心にむけて、特別手厚い配慮をしよう」
●しなやかに生きたワーキングマザー
昨年7月、近しい人で営まれた葬儀に筆者も参列しました。
最期の様子を聞くと、本の校正に没頭し、体調が悪化して入院。
「しばらくしたら退院できる」と希望がありました。
苦しい息の中、メモ書きで家族に「自分の人生に満足している」「多くの人の愛を受けてきた」と伝えたそうです。
美知子さんが東京シュタイナーシューレを離れた後、情熱を傾けた千葉の「あしたの国」も、美知子さんの旅立ちに合わせるかのように幕を下ろしました。
関わりのあった人たちは「子安先生がまいた種は、あちこちで育っている」としのびました。
晩年も美知子さんからのメールはウイットに富み、情報は学者らしく正確で、前向きな空気が含まれていました。
力強い生き方や功績が注目されましたが、子どもを愛するワーキングマザーとして、しなやかさと客観性も持っていたように思います。
最後にお会いした日、筆者がキャリアを築くうえで受けた差別やパワハラについての悩みを投げかけると、「のみ込んであげることも大事なの」と美知子さん。
ただ我慢するという意味ではなく、真正面からぶつからず、かわす術も必要というメッセージでした。
後編では、『ミュンヘンの小学生』のその後について、娘のフミさんのお話を紹介します。
〔2018年11/22(木) (取材・文 なかのかおり)日経DUAL〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス