カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


シーズ南平岸

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 北海道 > 札幌市 > シーズ南平岸

シーズ南平岸

プロ野球:日ハム、観客1人=1円分支援 自社製品、自立援助ホームへ
プロ野球の北海道日本ハムファイターズが今季、主催試合の観客動員1人ごとに1円分の日本ハム食品を道内の自立援助ホームなどに贈る事業を始める。
社会貢献とともに、集客アップに向けて観客と目標や意義を共有する狙いがあるという。
29日の本拠地開幕戦オリックス戦から今季終了まで実施する。
日本ハムの主催試合の観客動員は2004年の札幌移転後、09年の約199万が最多で、昨季は約196万人。
このため年間200万円相当の支援が見込まれる。
自立援助ホームは、何らかの理由で家庭にいられなくなった原則15~20歳の青少年が入所し、自立を目指す施設。
今回の事業は道内にある11施設が対象で、各施設の在籍者は最も多い所で9人。
人数に応じて日本ハム商品、製品を贈る。
日本ハムの竹田憲宗球団社長は「球場に来ることが1円ずつの積み重ねになり、社会貢献につながる。
趣旨に理解をいただき、多くの方に来場してほしい」と呼び掛けている。
施設の一つ、「シーズ南平岸」(札幌市)の屋代通子施設長は「自立援助ホームはまだ広く知られていない。注目してもらい、うれしい」と話した。
〔◆平成28(2016)年3月22日 毎日新聞 北海道朝刊〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス