カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


ハイリーセンステイブチャイルド

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 感覚 > ハイリーセンステイブチャイルド

ハイリーセンステイブチャイルド

自分の“敏感さ”と向き合う子どもたちを追ったドキュメンタリーが9月5日に放送
ドキュメンタリー「敏感くんたちの夏」が放送される
南沙良がナレーションを務めるETV特集「敏感くんたちの夏」(夜11:00-0:00、NHK Eテレ)が9月5日(土)に放送される。
同番組は、敏感で繊細という特性を持つ「HSC(Highly Sensitive Child)」の子どもたちが、同じ悩みを抱える仲間と出会い、自分の生きる道を見つけていくまでの物語。
HSCは、約20年前にアメリカの心理学者が書籍で発表した概念。
病気や障害ではなく生まれつきの気質で、人の感情を自分のことのように受け止める「共感力」が高いとされており、物事を深く受け止める、過剰に刺激を受けやすい、ささいな変化にも気づくなどの特徴がある。
5人に1人がこの気質の持ち主だと言われ、近年日本でも、不登校や引きこもりとの関連が注目を集めている。
番組には、北海道で暮らす中学生の元気くんが登場。人の悲しみや苦しみなどの感情に強く共感し、自分のことのように受け止める元気くんは、毎日とても疲れてしまい、教室に入ることもなかなかできずに悩んでいるという。
そんな中、北海道・十勝でHSCの子どもたちが仲間と出会い、敏感さとの付き合い方を一緒に学ぶ画期的な取り組みが行われることになった。
自分の気質を理解し、仲間に安心して気持ちを吐き出すことで、敏感な子どもたちが自分の生きる道を見つけていくひと夏の姿を追う。
■ 南沙良コメント
自分自身のことをつかむことでさえ難しいのに、他人のことを理解するのは一層難しいと思います。
私にとっての第一歩は、まず知ること。そして、理解して受け入れること。
今回のナレーションをさせていただくことができて、この所作が、優しさにつながることを学んだ気がします。
〔2020年9/3(木) ザテレビジョン〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス