カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


ハートフルコミュニケーション

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > メンタル相談 > ハートフルコミュニケーション

NPO法人 ハートフルコミュニケーション

子の生まれ持った気質、親の力で伸ばすには?
【最終回】わが子に合った伸ばし方を考えるために不可欠な「2つの目」とは?
最近、「教育虐待」の問題が広く知られるようになってきました。「いい大学に入れるように、勉強を頑張らせないといけないと思っていたけど…」「将来につながるスキルを身に付けさせたくて、子どもが小さい頃からいろんな習い事をさせているけど…」など、親としてのスタンスや子どもとの関わり方に迷いが生じることもあるかもしれません。
そこで、自身も教育虐待のサバイバーで3歳の女の子のママでもあるライター、本庄葉子が、コーチングの専門家であるNPO法人ハートフルコミュニケーション代表理事の菅原裕子さんに教育虐待が起きるメカニズムや予防法、起きてしまったときのリカバリー法について根掘り葉掘り聞き倒しました。
最終回は、子どもに「生きる力」をつけさせるために親が心掛けるべきことを考えていきます。
第1回 遠方の私立小通学で頭痛体質 これも教育虐待?
第2回 親に自分軸があれば、子の心の痛みにも気付ける
第3回 子が親の顔色うかがうように 私の二の舞い避けたいが
第4回 親の過干渉、子の学びを妨げる原因に
第5回 親の罪悪感と正当化は表裏一体、どちらも子には負担
第6回 子の生まれ持った気質、親の力で伸ばすには? ←今回はココ
●ネットの情報に惑わされるときは2つの目を持つ
本庄葉子(以下、本庄):世の中には子育てや教育に関する情報が氾濫しています。
「〇歳では☆☆ができているのが当然」「あの人気受験塾の○○校は、小1時点で入っておかないと、後からはもう入れないらしい」など、見聞きする情報に焦り、惑わされがちなのですが、雑多な情報に振り回されず、自分の子どもに本当に合った、いい子育てをするには、どうすればいいのでしょうか。
菅原裕子さん(以下、敬称略):これまでもお話してきましたが、一番大切なのは、やはり子どもの気質をきちんと見極めることです。
詳しくは拙著『自分と子どもがよくわかる本』(二見書房)に書いていますが、私は気質の判断にエニアグラムという手法を用いています。
私の孫のように自分の意思をはっきりと伝えるタイプもいれば、本庄さんのように、親の期待に沿おうと頑張ってしまうタイプもいる。
持って生まれた気質は変わりません。ただ、親の力でその気質を伸ばしたり、健全化させたりすることはできます。
本庄:気質を生かすも殺すも親次第ということですか。
菅原:半分は親の責任です。親は2つの目を持つことが大切。1つは「世の中の流れを見る目」。
今がどういう社会で、今後はどうなっていくだろう、といった見通しをつけることができれば、将来のために今、こういう力を伸ばしてあげようと逆算して考えることができます。
もう1つは「子どもをよく見る目」ですね。
自分の子どもがどういう気質を持って生まれてきた子なのかをしっかり見極め、その上で、その子に合った伸ばし方を考えていく。
そうした2つの目を持たず、ただやみくもにいい学校に入れることだけを考えて子どもに勉強を強制しても、子どもの「生きる力」は身に付きません。
本庄:「生きる力」、ですか。
菅原:はい。世の中がどう変わろうとたくましく生き抜き、どんなときも自分でしっかり考えることができる力。
それは子どもにとって、どの学校に行くか、といったことより、はるかに価値のある「財産」になります。
その力があれば、子どもは自分自身で「コレ!」と思える生き方を見つけられるはずですし、どんなときも「自分は心から幸せだな~」と感じることができます。
本庄:心から「幸せだな~」と思えるような子ども時代を、私も送りたかったです……。
私が未就園児だった頃、母親に手洗いを厳しくしつけられたことから、数十秒に1度手を洗わないと落ち着かない強迫性障害の症状が出たそうなんです。
親がそこで私の気質を見極めてくれていたら、と思いますが、自分の反面教師にするしかないですね。
菅原:結局、トマトはトマトにしかなりません。
いくら親がメロンが好きで、自分の子どもをメロンにしたくても、トマトとして生まれた子どもをメロンに変身させることはできないわけです。
親の役目は、トマトをいかにおいしく育てるか。これに尽きます。
本庄:面白い例えですね。でも納得です。ちなみに、トマトを無理やり、メロンに育てようとしたらどうなりますか?
知識は生きる力になる。ただ適性を見極めずに学問を強要するのはNG
菅原:当然メロンにはなりませんし、おいしいトマトにもなれません。
本庄:がーん……。そう考えると、親が子どもの気質を見極めず、別の人間に育て上げようとすることの罪深さがよく分かります。
菅原:ただ、私は勉強を否定しているわけではありません。
知識は、しっかり身に付けさせたほうがいいと思います。生きる力の1つになりますから。
ただ、それも「適性に応じて」が絶対条件です。
本庄:すべての子どもにとって、東京大学に入ることが幸せというわけではありませんものね。
菅原:そうです。でも中には、自分が求める着地点に上手に子どもを連れていこうとする人がいます。これが問題です。
本庄:子どもに悟らせず、うまくコントロールするということでしょうか。
菅原:そう。小学校受験であれば子どもは絶対に拒否できませんし、中学受験でさえ、はっきり拒否できる子どもは限られます。
私の知っている親子は、中学受験を目指していたのですが、途中から子どもが学校へ行けなくなってしまいました。
母親が中学受験経験者で、子どもの意思とは無関係に「受験するのが当然」という雰囲気の中で突き進んでしまった結果です。
本庄:母親の意思に面と向かって背くことはできなかったけど、不登校という形で、受験したくないという本当の気持ちが表れたわけですね。
菅原:そうです。本当は子どもはもっと早くからそのサインを出していたはずなので、親はそこで見極めるべきだったのですが、サインに気づかなかったか、気づいていたとしても、見て見ぬふりをしてしまったのだと思います。
だ、このケースでは、子どもの不登校を機に受験をやめることにしたら、3カ月後には元のように通学できるようになりました。
その後も平和に公立の中高へ通ったと聞いています。
子どもからのサインを認識した時点でちゃんと態度を改めれば、軌道修正は可能だということです。
本庄:分かりました。私も、自分が受けてきた教育虐待を子どもにもしてしまわないよう、自分の子どもとしっかり向き合いながら育てていきたいと思います。
6回にわたり、貴重なアドバイスをいただきありがとうございました。
取材・文/本庄葉子 
本庄葉子(ほんじょう・ようこ)
ライター・翻訳家
3歳の女の子のママ。小学校から名門の私立育ち、大学からは大都市の有名校に進学。その後大学院で修士課程を修了。
大手メディアに勤務後、フリーランスに。海外経験を生かして翻訳業務にも携わる(本庄葉子はペンネーム)。
菅原裕子(すがはら・ゆうこ)
NPO法人ハートフルコミュニケーション代表理事
ワイズコミュニケーション代表取締役。
人材開発コンサルタントとして企業の人材育成に携わる一方、その経験と自身の子育て経験から、子どもが自分らしく生きることを援助するためのプログラム<ハートフルコミュニケーション>を開発。
『子どもの心のコーチング』(PHP文庫)、『コーチングの技術』(講談社現代新書)など著書多数。
https://www.heartful-com.org/
〔2020年3/4(水) 日経DUAL〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス