カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


レターポストフレンド相談ネットワーク

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ >> ひきこもり支援団体 > ひきこもり支援団体・北海道 > レターポストフレンド相談ネットワーク
Icon-path.jpg メインページ >> 都道府県 > 北海道 > 札幌市 > 札幌市中央区 > レターポストフレンド相談ネットワーク

レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク

北海道内のひきこもり 目立つ中高年 40歳以上が3割
ひきこもりの経験者らで当事者を支援するNPO法人レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク(札幌)は、初めて行った道内のひきこもり当事者の生活実態と支援要望の調査結果をまとめた。
当事者の平均年齢は35歳で、40歳以上が31%と、中高年のひきこもりが目立った。
当事者や同居する親の世帯収入が300万円未満という回答が56%を占め、経済的に厳しい家庭が多い実態が示された。
調査は2016年8~9月、道内のひきこもり当事者の団体や家族会などの協力で、当事者や家族ら計68人から回答を得た。
当事者の居住地は札幌、函館、北見、紋別などで、性別は男性が74%だった。
年齢別では30代が全体の49%。40歳以上は31%で、このうち55歳以上もいた。
内閣府が昨年9月に発表したひきこもりの全国調査は対象を15~39歳に絞ったが、今回の調査では中高年のひきこもりが多数いることが示された。
〔2017/04/20 北海道新聞〕 

活動内容による組織の種類 自助グループ・当事者団体。
代表者 田中敦
所在地 〒064-0824 札幌市中央区北4条西26丁目3-2
TEL 090-3890-7048
FAX
URL https://letter-post.com
メール info@letter-post.com
活動内容による分類 当事者の会、居場所、相談、手紙によるピアアウトリーチ。
対応者・支援者 当事者・経験者
具体的な対応方法 電話相談、出張活動、来談相談、学習会、イベント企画・仕事づくり(助成金事業)、仲間づくり、会報づくり(表現・創作活動)。
支援対象者の具体的な状態・事情 不登校ひきこもりニート発達障害友人関係教師との関係親子・家族関係働くに働けない
対象者の年齢 制限なし(男女どちらも可能)
必要経費 入会金1000円、年会費(正会員3000円、賛助会員2000円)。ボランティア保険加入あり。
特に伝えたいメッセージ 全国的に珍しいひきこもり経験者だけで組織するNPO法人。
特に35歳以上のひきこもり支援に力を入れて取り組む。
仕事を社会的役割として位置づけ、当事者が主体となって社会参加する事業。
受け入れ・見学の時期・予約方法 随時行う。相談は10:00~19:00。来談・出張相談は完全予約制。
その他 詳細はHPを参照ください。
協力団体 北海道ひきこもり成年相談センター、札幌市ひきこもり地域支援センター。
全国引きこもりKHJ親の会家族会連合会・北海道「はまなす」。
NPO法人北海道学習障害児者親の会「クローバー」。
さっぽろ若者サポートステーション、札幌こころのセンターなど。
情報更新年月 2021年5月
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス