カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


中年ひきこもり

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

中年ひきこもり

「家族全員が私をバカにするような家でした……」41歳女性がひきこもりになるまで
中高年ひきこもりが想像以上に増えている。
2018年の内閣府調査では、40歳から64歳までの中高年ひきこもりは61.3万人が存在するという衝撃的な推計値も出された。
15~64歳までのひきこもりの全国推計の数は115万人なので、半数以上が40歳以上であることがわかる。
もはやひきこもりは若年層特有の現象ではなく、
中高年と「8050(ハチマルゴーマル)問題」に象徴されるような高齢者と家族の問題であることが明らかになってきた。
『 下流老人 』などの著作で知られる藤田孝典氏の新著『中高年ひきこもり』(扶桑社新書)から、当事者へのインタビューを一部転載する。
◆ ◆ ◆
香取由美さん(仮名・41歳・女性)の場合
家族構成:父(70代)、母(70代)、妹(39歳)
ひきこもりのきっかけ:場面緘黙(かんもく)症で、職場の人間関係に苦労した
ひきこもり期間:30歳から11年
現在の様子:
・ひとり暮らし
・家族からの虐待があり、家族との関係を断絶
・ひ老会(ひきこもりと老いを考える会)に参加している
『中高年ひきこもり―社会問題を背負わされた人たち―』 (扶桑社新書)
行政の就労支援は当事者に寄り添っていない
「もともと、家で虐待されていて、生きづらさを感じていました。
精神科に通院したり就労支援機関に通ったりもしたんですが、支援機関で理不尽な扱いを受けて……。
初めて就労支援機関に行ったのは、15年ほど前のことです。
今とはまったく対応が違っていて、ひきこもり当事者一人ひとりに合わせて、各々の働き方に適した支援なんてしていませんでした。
むしろ、当事者のほうが支援機関に合わせろ、という感じだったんです。
『1日8時間、週5回とフルタイムで、きちんと働きましょう』と、一般的な労働者と同様の就労を勧められて、
ついていけなければ『根性が足りない』『やる気がないからだ』と責められました。
そんな環境なので、責められる恐怖と、周りについていけない申し訳なさのような気持ちを常に感じながら、就労支援機関に通っていました。
初めて行政の就労支援機関に行ったのは、23歳くらいのときです。
正社員として働きたいと考えて、それが無理ならアルバイトとしてでも、と思っていたのですが、就労支援機関はあまり聞き入れてくれませんでした。
もともと、私は大きな声を出せないのですが、それも理解されませんでしたね……。
私自身、当時は自分が場面緘黙症であることを知らずに、なぜ声が出なくなってしまうのかわからずに苦しんでいました」
香取さんは家庭内で虐待を受けていた。虐待は身体的な暴力に限らず、精神的なもの、ネグレクト(育児放棄・無関心)などを含む。
親に相談したり、親と話すなかでストレスを解消することもできないため、精神疾患や心に不安定さを抱えるようになる。
中高年になった現在も親との関係性が悪かったことをひきこもりの一因と語る当事者が多いのが印象的だ。
幼少期に、親が子どもへの理解に欠けると大きなダメージを受けてしまうことがわかる事例だ。
場面緘黙とは?
場面緘黙(ばめんかんもく)とは家庭などではごく普通に話すことができるのに、
例えば幼稚園や保育園、学校のような「特定の状況」では、1か月以上声を出して話すことができない状態を指す。
典型的には、家では饒舌で、家族とのコミュニケーションを問題なくとれるのに、家庭以外や学校ではまったく話せないことが続く状態。
本来の能力を、人前で十分に発揮することができなくなる。
子どもが自分の意思で「わざと話さない」と誤解されることも多いが、そういう状態とはまったく異なる。
また、人見知りや恥ずかしがりとの違いは、「そこで話せない症状が何か月、何年と続くこと」と、
「リラックスできる場面でも話せないことが続くこと」である。
人によっては症状(話せない場面・程度)は大きく異なるが、話せない場面のパターンはその人ごとに一定している。
近年、場面緘黙は、「不安症や恐怖症の一種」と捉えられるようになり、「話すのが怖い」のではなく
「自分が話すのを人から聞かれたり見られたりすることに恐れを感じる」とする考えが主流となっている。
原因や発症メカニズムは研究段階である。
発症要因は、「不安になりやすい気質」などの生物学的要因が主因で、
そこに心理学的要因、社会・文化的要因など複合的なものが影響しているのではないかと考えられている。
不安が高まりやすく、行動が慎重になるため、環境に慣れるのに時間がかかる。
30歳過ぎでひきこもりに
「ひきこもったのは、30歳をすぎたころ。
ときどき支援機関に行ったり、アルバイトで働いていましたが、声が出せないのでおとなしい人間と思われて、
大変な仕事を押しつけられたり、周囲から都合よく扱われて、職場の人間関係がいやになってしまったんです。
アルバイトは飲食店が多かったのですが、自分でもホールでの接客は無理だろうと思っていたので厨房での仕事を選びました。
それでも試用期間に、ホール担当も厨房担当も一緒に掛け声の練習をやらせるような、
体育会系の店が多く、どのアルバイト先でも『声が小さい!』と怒られてしまって……。
そんなこともあり、30歳くらいから精神科にふたたび通院するようになりました。
アルバイトはなんとか続けており、仕事を終えるとその足で病院に向かうような日々でした。
抗うつ剤や精神安定剤、睡眠薬を処方してもらってましたが、薬が合わなかったのか、
こうした薬を服用しても人前で普通に話せるようになるわけでもなく、状況は何も変わりませんでした。
するとお医者さんは『もっと薬を増やしましょう』と、どんどん増やしていき、いつも頭がボーッとするようになり、仕事が覚えられない。
体も常に重くて、だるくてどうにもならなくなってしまいました。
精神科に通いはじめて3か月後には、仕事を辞めざるをえなくなり、ひきこもるようになったんです」
香取さんは児童期に不登校やひきこもりになったのではない。虐待を受けながらも一生懸命に生きてきた。
10代、20代も生きづらさを抱えながら頑張ってきたことが理解できる。
しかし、30代になり、職場の人間関係、職務の多さから、病気が悪化する。
ひきこもりの大きな要因が、職場のパワハラや人間関係にあったことを語ってくれた。
もともと抱えていた生きづらさが増して、ひきこもってしまった。
個々の当事者が置かれた環境の多様さ、複雑さが理解できるだろう。
ひきこもり期間の生活
「外に出るのは、病院への通院と食料品や日用品をスーパーに買いに行くときくらい。
このころにはひとり暮らしをしていましたが、ずっと家にいる生活でした。
当時は不眠症だったので、長時間きちんと眠ることができず、ちょっと寝ては起き、ちょっと寝ては起きという感じで。
それでも、朝には起きるようにしていたのですが、睡眠が足りていないので、補うために昼寝をして……というふうな生活サイクルでした」
ひきこもりというと、完全に人間関係や社会関係を絶っているかのように捉えられがちだが、それも誤解であることがわかる。
香取さんは外に出ることもできるし、ひとり暮らしも可能な状態であった。
自宅で誰かと交流することもなく、孤立している中高年ひきこもりの一例だ。
ひきこもり当事者には同居家族がいて家族が面倒を見ている、というのも一面的な見方に過ぎない。
香取さんには精神疾患が背景にあるため、自宅で精神科に通いながら療養生活をしている。
この時期にひきこもりと呼ばれる状態に陥っていたことも興味深いだろう。
精神障害や精神疾患を有する人々に対する社会的なケアの必要性まで浮かび上がってくる。
「助けて!」というサインを出したか?
「お医者さんには自分の状態を伝えてましたが、理解がなく、言葉には出さないものの『甘ったれるな』という対応でした。
親は、まだ私が30歳くらいだったころは、多少はつきあいがありました。
そもそも支配的な親なので頻繁に電話をかけてきたり、家まで来ることもありました。
そんな親だから、時には病院までついてくるのですが、私を虐待していたことを認めていないので、お医者さんの前ではそんな素振りも見せない。
外面がいいので、傍目にはとても子どもを虐待する親には見えない。むしろ、上品でやさしそうに見えていたと思います。
親は、私の病気や、場面緘黙症であることには理解がなかった。
私が小学生のころからよく言われていたのは、『いい学校に入って、大手企業に入って、そこにお勤めの男性と結婚しなさい』ということ。
こういう価値観の親なんです。“エリート”っていうんですか? そういう人たちの行いだけが正しい、という考えなんです」
親の価値観や思いを子どもに押し付けていないか
ひきこもり当事者への聞き取りのなかで、頻繁に聞かれたのが、医師やソーシャルワーカー、支援団体への不満と不信感だった。
親も自分を理解してくれないし、支援者も心の底では自分を理解してくれない、ということを深く意識している。
自分を理解し、大事にしてくれる人がどこにもいない社会で生きることがどれだけつらいことか、想像するだけで苦しくなってくる。
ひきこもり当事者の社会的な認知や理解が広がるだけでも、当事者を苦しみから解放することができるはずである。
また、理解してくれない親が悪いと捉える方がいるかもしれないが、親とすれば子どもに期待するのは当たり前。
愛情の裏返し、幸せを願ってのアドバイス、などという擁護の声も聞こえてきそうである。
社会的な価値規範、社会通念、固定観念が親のなかにはある。
「こういう生き方のほうがよい」という価値観である。
当事者は幼いころから、そういった社会通念に支配された親の思いと相反し、悩みを深めていく様子も理解できるだろう。
いうまでもなく、人間にはいろいろな生き方があり、幸せの感じ方も違う。たとえ、親とはいえ、価値観や思いが違うのは当然のことである。
これを自然と無意識のうちに、子どもに押し付けていないか、自戒する必要があるとは言えそうだ。
家族関係は?
「両親とも裕福な家庭に生まれました。
父の親(祖父)は大手企業のグループ会社の重役で、専属の運転手がいるような地位に就いていました。母(祖母)も社長の娘です。
でも、父親は仕事をしていません。
たまに仕事に行っているような体裁は繕っていたけれど、家にいることが多かった。
たぶん、父親は子どものころから勘違いしていたんだと思います。
親が権力を持っているので、『自分も権力を持っている』と勘違いしたタイプなんだろうなと思います。
私が高校を卒業したころ、両親が別居をし始めて、その後、離婚して以来、父親とはまったく会っていません。
離婚は、母親のほうから一方的に言いだしたようです。
2歳下の妹が高校2年生の夏休みに、『実家に戻るから』と言われて、私と妹は母方の実家で暮らすようになりました。
ただ、突然というわけではなく、子どものころから夫婦仲がよくないのは薄々感じていたし、
物心ついたころには母親が『離婚したい』と話していましたから。
今、母親は何もしておらず、お金もないので生活保護を受けて暮らしているようです。
次ページは:「家族全員が私をバカにするような家でした......」
〔2019年11/22(金)文春オンライン〕

"親にタカる"中年引きこもりが消えない訳
■親子間の犯罪に警察は消極的
70代の元農林水産省事務次官が、引きこもりだった40代の息子を刺殺して逮捕された。
容疑者の供述によると、息子から家庭内暴力を受けていたという。
だからといって殺人は許されないが、加害者となった親にも被害者の一面があったことは否めない。
近年、80代の年金生活者が50代の子を養う「8050」が社会問題化している。
子どもや中年の引きこもり現場に詳しい証拠調査士の平塚俊樹氏が、その実態を語る。
「いじめやレイプなど凄惨な事件をきっかけに不登校になる子どもは少なくありません。
その意味で、引きこもりの子は被害者です。
しかし、成人後も自立の意思を見せずに親にタカるようになると、もはや一方的な被害者とは言えない。
親のクレジットカードを勝手に使ってインターネットで買い物をしたり、気に入らないことがあると暴力をふるうなど、
加害者として家族を悩ませるケースも多い」
原則的に、親子間でも犯罪は成立する。親を殴れば暴行罪にあたるし、「殺すぞ」と脅せば脅迫罪だ。
ただ、親子間の場合、警察は簡単に動いてくれない。
「法は家庭に入らず」という法思想があり、家族間のトラブルは法が介入するより家族内で解決すべきだという考えが強いからだ。
「実際、痴漢や事故、殺人で多忙な警察はまず動きません」
顕著なのは、お金に関する犯罪だ。刑法には「親族相盗例」の規定があり、窃盗や詐欺、恐喝など一部の犯罪については、
それが親族間で起きた場合、刑が免除される(刑法244条1項)。
中年の引きこもりが親の年金を盗んだり、カードで勝手に買い物しても、子が処罰を受けることはない。
■事件化するより相談窓口を活用
法による介入が期待できないとしたら、親はこうした子どもからどうやって自分の財産や体を守ればいいのか。
「クレジットカードは、番号とセキュリティコードを見られて好き勝手に使われるおそれがあります。
最初からつくらないか、つくっても家に持ち込まないのが原則です」
家庭内暴力があれば、やはり警察の力を借りたい。ただし、やり方には工夫が必要だ。
「いきなり110番して事件化しようとすると、警察は及び腰になります。
緊急でなければ、まずは警察の住民相談窓口で相談しましょう。
警察では敷居が高いと感じるなら、市役所の市民相談や法務省の人権相談でもいい。
行政の窓口に相談すれば、NPOや自立支援業者を紹介してくれるなど、何かしらのアドバイスを受けられるはずです」
法は家庭に入らずといったが、DV防止法や児童虐待防止法など、家庭内における犯罪行為に積極的に介入する法律もあり、
最近は国による介入や支援が強化される傾向にある。
親が子から受ける被害についても同じような法の手立てがあれば、警察や関係機関も動きやすい。
悲劇が繰り返されないように、迅速な対応を望みたい。
ジャーナリスト 村上 敬 答えていただいた人=平塚エージェンシー 証拠調査士 平塚俊樹 図版作成=大橋昭一
〔2019年7/22(月) プレジデントオンライン〕

長期化する「引きこもり」どう向き合う 8050問題を生んだ「縛られる社会」
今年5月28日、川崎市で通学途中の小学生が襲われ、20人が死傷した。(撮影・朝日新聞社)
「8050問題」と呼ばれる、長期化した引きこもり当事者の存在が、最近大きく注目されています。
今年5月に川崎市で起きた、51歳の男性がスクールバスを待つ小学生ら20人を殺傷した事件や、
直後に元農水事務次官が44歳の長男を殺害した容疑で逮捕された事件などでも、背景として指摘されました。
新しいようで古い問題、私たちはどう向き合えばいいのでしょうか。(吉野太一郎)
川崎の事件「偏見が一気に広がった」
7月24日、東京の日本記者クラブで、この問題と向き合ってきた2人が会見しました。
厚労省の定義では、引きこもりとは「仕事や学校にいかず、家族以外とほとんど交流せず、6カ月以上続けて自宅に閉じこもっている状態」を指します。
十数年にわたって取材してきたジャーナリストの池上正樹さんは、「自分の価値観を守るため、自死ではなく生き続けることを選んだのであり、
年代にかかわらず、誰もが引きこもりになりうる」と説明します。
池上さんはさらに、川崎市の通り魔殺傷事件で、川崎市が容疑者の家庭事情を詳細に説明したことについて、
「『引きこもりが事件を起こす』という偏見が一気に広がった」と指摘しました。
「人物像を事細かに説明する行政の言い分に乗って、メディアもそれを拡散した。
テレビのコメンテーターらが『死ぬなら一人で死ねばいい』『モンスター予備軍』などと発言したことで、
当事者を抱える家族は世間の敵意が向けられ、精神的に追い込まれました。
しかし本当のモンスターは、偏見を拡散したテレビ、あるいは世間の人たちではなかったでしょうか」
池上さんは引きこもりについて、「人を傷つけたり、傷つけられたりすることを回避し続け、人に迷惑をかけまいと人間関係が遮断状態になった状態。
理由や背景は様々で、引きこもっているからと言って、理由なく無関係な人に危害を加えるということは考えにくい」と話します。
その上で、これまでの行政の「引きこもり支援」が、就労支援や職業訓練という、
本人の努力や成果を求める方式に偏っていたため、多くの取りこぼしを生んだと批判。
「成果を出すことが目的の支援ではなく、当事者の思いを受け止め、
本人が生きる意欲を持てるような居場所づくりが必要」と訴えました。
「お互い様の社会、どうつくる」
KHJ全国ひきこもり家族会連合会の共同代表を務める伊藤正俊さんは20年前、不登校になった娘を何とか学校に戻そうとしました。
しかし、同じような境遇の家族や当事者と意見交換を重ねるうち「『学校に戻したい』という意識は、子どもではなく、自分の問題ではないか」と考えるようになったといいます。
「人は一人一人違うと言いながら、私たちは『学校に行かなくちゃ』『こんな生き方をしなくちゃ』という思いに縛られています。
引きこもり当事者に話を聞くと、多くが『自分は絶対に正社員になる』と思っているんです。
そのぐらい、人間に刷り込まれた価値観は強固です」(伊藤さん)
伊藤さんはそう述べた上で、今後、私たちがこの問題とどのように向き合っていくべきか、次のように話しました。
「引きこもりは特別な問題ではない。
引きこもっている人たちは同情すべきものではなく、その人たちの生き方を選んでいます。
それをどう社会が受け止めていくのか、突きつけられています。
ではどうしたらいいのか。お金持ちであろうが貧乏であろうが、特別な人はいないんだ。
そのような価値観に立って『お互い様』の社会をどうつくっていくか。ここが知恵の出しどころではないでしょうか」
注|8050問題:80代の親が、50代の引きこもり当事者と暮らす状況。
「7040問題」とも呼ばれる。社会の一線を退いた親と、家族以外に交友関係のない子どもが、家族として孤立した状態に陥るケースが報告されている。
内閣府は今年、引きこもりの40~64歳が、約61万3000人いると推定する、初の調査結果を発表した。
〔2019年7/26(金) 吉野太一郎 DANRO〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス