カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


仙田学

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

仙田学

アルコール依存症で死にかけた僕。なぜまた飲んでしまうのか
「日刊SPA!」に女装小説家としてコラムを連載中の仙田学さん。
実は過去にアルコール依存症として自助グループに参加していました。
今回は、依存症の当事者としての闘病の日々を綴ります。
■ ■ ■ ■ 子どもの頃から、胸の中にぽっかりと穴が開いている。いつも叫びだしたいくらい寂しかった。
友達と遊んでも恋人と一緒にいても、周りの人々が羨ましく、自分には人間的な欠陥があるのではと怯えた。
寂しさを紛らわせるために、私が長いあいだ溺れたのはアルコールと性だ。
だがどれほど忘れようとしても、寂しさはなくならない。
それでも私は現実から目を背けて、アルコールや性によっていつか完全に寂しさがなくなる日を夢見た。
いまも、その夢を見続けている。不可能だということに薄々気がついてはいる。
だが、私は胸の中の穴を埋めて、自分には欠陥がないということを証明したくてたまらないのだ。
アルコールについて、セックスについて、私がどんなふうに溺れていき、たくさんの失敗を繰り返してきたのかということを、2回に分けて語ってみたい。
◆アルコール依存症で精神病院に
20歳の頃に、僕はアルコール依存症になった。
中学3年生で不登校になって以来、もやもやしたものを抱えて、それをなんとか形にしたいともがいてマンガを描いたり、映画のシナリオを書いたり、芝居の脚本を書いてみたり……でも、どれもしっくりこない。
自分には才能がないのだと諦めようとしたが諦めきれず、その思いを酒で紛らわし始めたのだ。
自分らしく生きたい。でもどうすればいいのかわからない。
そんなやり場のない思いを、アルコールは優しく包んで、忘れさせてくれた。
飲んでいるときだけは、自分のことを忘れられる。そうすることでやっと、自分らしくいられる気がした。
あるときアパートで酒を飲んでいると、鼻血が出て止まらなくなった。
タオルを何枚も当てたがみるみるうちに真っ赤に染まっていく。
一緒にいた友人が救急車を呼んでくれたのだが、救急隊員に運ばれる途中にかなり暴れたらしい。
僕は精神科の閉鎖病棟に搬送された。
精神科や内科の病院に4、5回入退院を繰り返したが、退院するたびにすぐにアルコールに手を伸ばした。
親の目の前で死にかけたこともある。母親と妹と3人で旅行に出かけたときのこと。
早朝から、母親の運転する車のなかで僕はウォッカを飲んでいた。
旅行先の富山の東尋坊についてからも飲み続け、母親の目の前で崖から足を滑らせそうになったのだ。
◆アルコール依存症者たちの会合に参加してみて
宿に着いてからも飲み続けたが、深夜に酒がなくなった。
僕は宿を抜けだして酒屋を探しまわり、途中で側溝にはまって顔面を打ちつけ、前歯を折った。
血まみれのTシャツのまま酒屋でウィスキーを買って、部屋に帰っても飲み続ける僕に母親は言った。
「お願いやからお酒やめて」
その旅行の帰りに、僕は自助グループA・Aのミーティングに参加した。
朝から晩まで酒を飲み続ける生活を2年近く続けていた僕の、その頃の頭の中は、真っ暗だった。
飲み続ける期間が長引けば長引くほど、記憶が失われ、過去が遠ざかっていく。
同時に未来がかすむ。前を向いても後ろを振り返っても真っ暗。
自分がどこにいるのかがわからない。だから自分を消したくてまた飲んでしまう。
死ねば楽になれると思っていた。でも死ぬことが怖くてたまらなかった。
まだちゃんと生きたことがなかったのだから。
こんな話を、僕はそのミーティングで繰り返し話した。
A・A(アルコホリック・アノニマス=無名のアルコール依存症者たち)は、アメリカ発祥の自助グループだ。その発足は100年以上も前のこと。
アメリカ人のアルコール依存症者が、同じような境遇の仲間と出会って、お互いの経験を語り合ったのがきっかけだという。
どれほど酒をやめたいのか、どんなときに飲みたくなるのか、酒でどんな失敗をしてきたのかなどなど。
そのうちふたりは酒を飲まずに生きることができるようになった。
彼らがアルコール依存症から回復していったプロセスは体系化されて、彼らのようになりたいと願うアルコール依存症者によって自助グループA・Aが発足した。
やがて日本にも波及し、いまも毎日のようにどこかの教会でミーティングは開かれている。
酒を飲みたくなる19時頃に当事者たちが集まって、酒の上での失敗談や、酒を飲みたくてたまらない気持ちを話し合う。
人の話を聞くうちにそれが自分のことのように思えてくるようになり、そもそも酒を飲みたくなる原因となるモヤモヤを言葉にすることで、飲酒欲求から距離がとれていく。
A・Aは医療機関ではない。あくまでも当事者たちの集まりなのだ。
酒を飲みたくなったとき、抑止力になるのは薬ではなく、依存症仲間たちが頑張って酒をやめている姿。
「あの人がやめているんだから、とりあえず今日だけはやめておこう」という日を1日1日重ねていく。
アルコール依存症はいまの医学では治療することのできない病気。
回復したいという本人の意思にすべてはかかっていて、「酒を捨ててもう一度人間を信じてみよう」という気持ちそのものを取り戻すための、とても人間的な病だと僕は思う。
そのA・Aに、僕は2年間ほど通っていたが、やがてまた酒に手を伸ばすようになる。
一滴でも飲めばたちまち昼夜問わず飲み続ける連続飲酒の生活に逆戻りしてしまうのがアルコール依存症の症例とされている。
不治の病なのだと。だが不治の病なんてあるんだろうか。
謎の探求心にかられて、私はある日、缶チューハイを恐る恐る飲んでみた。……なんともなかった。
罪悪感に押しつぶされそうになりながら、A・Aに通いつつ酒を飲む生活を数カ月続けたあげく、A・Aとの繋がりを断ってしまう。
上手に酒とつきあえる、ということはアルコール依存症じゃないんだと。でもそれは甘すぎる考えだった。
節酒はできるようになったものの、私はまた別のものに依存するようになる。性に。
私は根っからの依存体質だったのだ。
<TEXT/仙田学>
【仙田学】
京都府生まれ。都内在住。2002年、「早稲田文学新人賞」を受賞して作家デビュー。
著書に『盗まれた遺書』(河出書房新社)、『ツルツルちゃん』(NMG文庫、オークラ出版)、出演映画に『鬼畜大宴会』(1997年)がある。
〔平成30(2018)5/19(土)週刊SPA!〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス