カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


佐賀市人権・同和政策・男女参画課

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > ジェンダー・佐賀県 > 佐賀市人権・同和政策・男女参画課
Icon-path.jpg メインページ > 佐賀県 > 佐賀市 > 佐賀市人権・同和政策・男女参画課

佐賀市人権・同和政策・男女参画課

所在地 佐賀県佐賀市
TEL
FAX

あなたの人権 わたしの人権 「多様な性を認め合える社会に向けて」
近年、性の多様性について考える機会や取り組みが増えてきました。
子どものランドセルの色や制服が多様化したり、ある女子大学ではこころとからだの性が一致しないトランスジェンダーの学生の受け入れが始まったり、同性カップルの関係を認めるパートナーシップ制度が広がったりしています。
また、性の多様性に関するテレビ番組やコマーシャルも見られるようにもなりました。
性のあり方は主に、「からだの性」と「こころの性」、「好きになる性」の3つの要素からなります。
中にはからだの性とこころの性が一致しない人、同性を好きになる人や両性を好きになる人などもいて、性のあり方は人の数だけあると言われています。
電通ダイバーシティラボが行った「LGBTQ+調査2020」によると性的少数者と言われる人の割合は人口の8・9%(約11人に1人)といわれていて、その中には人知れず苦しんでいる人もいます。
トランスジェンダーの人は性別で分けられる制服やトイレ、就職活動などで悩んだり、同性愛の人は、周囲との恋愛観の違いにつらさを感じたりすることもあります。
私たちの周りに当事者の思いを伝えられない空気が漂っているのではないでしょうか。
誰もが自分らしく暮らしていく社会のために、日常生活の中で、性的少数者がいると考えること、見た目で人の性のあり方を決めつけないこと、当事者が傷付くような否定的な言葉は使わないようにすることなどが大切なのではと思います。
(社会同和教育指導員)
※市ホームページにも掲載しています。
毎月1日は「いじめ・いのちを考える日」です。
毎月11日は「人権を考える日」です。
新型コロナウイルス感染症による偏見や差別をなくしましょう。
問い合わせ:人権・同和政策・男女参画課 人権啓発係(ほほえみ館内)
【電話】40・7367【FAX】34・4549【メール】jinken@city.saga.lg.jp
〔市報さが 令和3年6月15日号〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス