カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


児童ポルノ

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

児童ポルノ

周辺ニュース

ページ名児童ポルノ、(子どもの虐待のニュース)
児童ポルノ摘発、過去最多 被害者1276人、自画撮り4割 ―警察庁
全国の警察が昨年1年間に摘発した児童ポルノ事件が前年比684件増の3097件だったことが14日、警察庁のまとめで分かった。
摘発人数は同612人増の2315人で、いずれも過去最多を更新した。
被害に遭った18歳未満の子供の数は同60人増の1276人。
だまされたり脅されたりして自分の裸の画像を送信させられる「自画撮り」被害が最多の42%を占め、次いで盗撮23%、児童買春・淫行が14%だった。
被害者は高校生が42%と最も多く、中学生34%、小学生19%が続いた。
838人は相手と面識がなく、640人はインターネット交流サイト(SNS)を通じて知り合っていた。(了)
〔◆平成31(2019)年3月14日 時事通信 〕

児童ポルノ 「自画撮り」最多、被害の半数263人 1~6月
今年上半期(1~6月)に全国の警察が摘発した児童ポルノ事件の被害者のうち、スマートフォンなどで撮影した自分の裸の画像を送信させられる「自画撮り」の被害が前年同期比10%増の263人で過去最多だったことが、警察庁のまとめで分かった。
児童ポルノの被害者の半数近くを占めた。
ツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で同年代を装って近づき、画像を送らせるケースが多く、同庁が注意を呼びかけている。
同庁によると、263人のうち中学生が139人、高校生が101人、小学生が17人。男子も10人いた。
加害者との関係は、「面識がなかった」が全体の85・9%を占め、「知人」は6・8%、「交際者(元交際者含む)」は6・5%だった。
面識がないケースのうち91・6%はツイッターや無料通信アプリ「LINE(ライン)」などで知り合っていた。
同庁によると、同世代のふりをして学校名や氏名などや悩みを聞き出し、「ばらすぞ」と脅して画像を送らせる手口が多い。
全体の被害者数は594人。
一度に多数の児童が盗撮される事件があった前年の777人から大幅に減ったが、増加傾向が続いている。
自画撮り以外に、強姦(ごうかん)・強制わいせつ84人▽児童買春・淫行(いんこう)79人--などの被害があった。
警察庁幹部は自画撮り被害について「『知らない人にはついていかない』というのはネットでも同じ。画像がネットに流れれば回収は難しく、被害が続くことを分かってほしい」と強調する。
〔◆平成29(2017)年9月22日 毎日新聞 東京朝刊〕

児童ポルノ、被害最悪 =警察庁
全国の警察が2015年に児童ポルノ事件の被害者として身元を特定した18歳未満の被害者は、前年比21.3%増の905人で、統計の残る00年以降で過去最悪となったことが24日、警察庁の集計で分かった。
スマートフォンの普及に伴い被害者は増加傾向にあり、高校生と中学生が各4割、小学生以下も15.9%を占めた。
自ら裸の画像を撮影してメールで送る「自撮り」での被害者が376人と全体の4割を占め、大半が中高生だった。
うち253人はスマホを使い、交流サイトで知り合った相手にだまされたり脅されたりしていた。
小学生以下は144人で、うち65人は強姦(ごうかん)や強制わいせつの被害を受け、その様子を撮影されていた。
児童ポルノ事件の摘発は6%増の1938件。
このうち14年7月の改正児童買春・ポルノ禁止法で罰則の適用が可能となった「盗撮製造」は110件、昨年7月に適用対象となった性的趣味による「単純所持」は17件だった。
〔◆平成28(2016)年3月24日 時事通信〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス