カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


児童養護施設

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

児童養護施設

周辺ニュース

ページ名児童養護施設、(児童福祉施設)
親と一緒に暮らせないという現実。児童養護施設で暮らす子どもたち
「児童養護施設」と呼ばれる福祉施設で暮らしている子どもたちが実際にどのような生活をしていて、家庭で育つ場合とどこが違うのか。
また、それによって生じる問題と、今後どういう方向に進んでいくべきかについても考察していく。
(『インターネット赤ちゃんポストが日本を救う』著:阪口源太、えらいてんちょう)
■児童養護施設とはどんなところか
この章では、「児童養護施設」と呼ばれる福祉施設で暮らしている子どもたちが実際にどのような生活をしていて、家庭で育つ場合とどこが違うのかをご紹介します。
また、それによって生じる問題と、今後どういう方向に進んでいくべきかについても考察していきます。
児童福祉法第41条によれば、「児童養護施設は、保護者のない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせて退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設とする」とされています。
入所の際には、児童相談所の所長の判断で都道府県知事が入所措置を決定する仕組みになっています。
後ほど改めて紹介しますが、入所にあたっては「児童相談所の所長」の権限が大きく影響することになります。
施設は近年、児童福祉法が改正され家庭的養護が推進されていることから小規模化の傾向が進んでいます。
厚生労働省が平成29年に発表した資料(社会的養護の現状について〈参考資料〉)によると、平成20年から24年にかけて大舎が減り、
中舎、小舎が大きく増えており実際に家庭的な環境が重視されていることがわかります。
「児童養護施設」と聞くと、保育園や学校のような建物をイメージする人が多いのではないでしょうか。
実際に、私も施設を訪れるまではそのようなイメージを持っていました。
建物に入ると、多くの場合は長い廊下に大きめの階段、図書室などの共用スペースなど、まさしく私たちが子どもの頃に通った学校が思い出される空間が広がっています。
しかし各部屋のドアを開けると、そこには教室ではなく、フローリングのリビングやキッチン、寝室、お風呂、洗面所……すなわち「家」の世界が広がっています。
アットホームな雰囲気で、子どもたちが寛いで過ごせる環境であることが、非常に印象的でした。
毎日の食事は調理師や職員の方が作り、みんなが座れるテーブルで料理を囲んで食べます。
予定があって帰りが遅くなる子どももいますし、そのあたりも普通の家庭と変わりません。
寝る時には、小さい子どもたちは一緒の部屋でみんなで寝ます。ある程度大きくなってからは、個室が用意されるケースが多いようです。
朝は学校に行き、授業を受けて部活に出て、帰ってくる。
食事をしてからは、どのチャンネルにするか話し合いつつテレビを観たり、部屋で自分の時間を過ごしたりして、お風呂や洗濯をした後、就寝します。
そこで営まれているのは、一見すると普通の「家」とほとんど変わらないような一日です。
ここまでは、児童養護施設での生活も家庭と変わらないように見えます。
しかし決定的な違いは、一緒に生活する人々の立場です。
一緒に生活する大人は自分の「親」ではなく、一緒に生活する子どもたちは「兄弟姉妹」ではありません。
施設では多くの場合、年齢層などに応じて子どもたちをいくつかの「家」に分けます。
そしてひとつの「家」を、複数の職員で担当することになります。
職員の方も24時間365日「家」にいるわけではなく、子どもを見る時間を宿直などで分担します。
職員の方にも、自分の家庭があります。
現実問題として施設の子どもたちの親そのものではない。これだけはどうにもできません。
ひとつの家にはだいたい5人くらいの子どもが住んでいます。
その中には、場合によっては血のつながった兄弟がいる場合もありますが、基本的にはみんな別々の両親のもとで生まれ、施設に預けられた子どもたちです。
私が直接お会いした職員の方が共通して大切にされていたのが、「子どもと一対一で過ごす時間」でした。
ある職員の方は、「毎日寝る前に30分、子どもたち一人一人と個別の時間を取り、ゆったりとその日にあったことなどを聞く時間をとるようにしている」
と話していました。
「施設を18歳で出るまでの間に、担当職員が変わることは出来るだけ避けたい。
大人になって遊びに来た時にも、戻ってきた温かさを感じてもらいたいという気持ちから、出来るだけ長い年月、施設に勤めたいと思っている」
と語って下さった職員の方もいました。
このように子どもたちの生活、成長を最優先に考える仕事への態度には胸を打たれます。
子どもたちが寝るまで彼らを見守り、その後も翌日のために準備をする。
短い睡眠を取り、翌日も早朝から子どもたちを支え続ける。
なかには施設に住み込みで職務に従事されているケースもあります。間違いなく、負担が大きい業務です。
しかしそれでも、「親」になることはできません。
第1章でも触れましたが、なかには愛着障害に陥ってしまう子どももいます。
ここでの「愛着」とは私たちが普段使うものとは異なり、心理学の用語として人間や動物同士の情緒的な結びつきを指し示しています。
そのような結びつきを親と形成することができなかった場合には、後々社会に出た時に対人関係や精神面でつらい思いを経験するケースも多くあります。
彼らは、人見知りが激しくなってしまったり、新しい場所や環境になかなか適応できない傾向も強く、不登校になる例も多いそうです。
これらすべてが親の不在によるものとは言えませんが、ひとつの要因になっている可能性があります。
愛着の基盤をつくっていくことはとても難しい作業だと言われています。
幼少期に必要なものは、やはり親という不動の存在が与える安心感なのです。
もちろん親も24時間365日子どもを見てあげられるわけではありませんが、「帰ってきた時にいつも同じ人が待っていてくれる」「自分にはいつもこの人がついていてくれる」という安心感は、どうしても施設では養いきれないものでしょう。
不動の存在を求めているのに、相手がどうしても動いてしまう。
そういった経験を重ねると、子どもは次第に諦めていくのだそうです。
求めること自体が徐々になくなることは、成長してからの自己肯定感の低さに直結します。
自分だけを見てくれる、自分の話になんでも耳を傾けてくれる、何よりも自分を愛してくれる、親という存在がどれだけ大きいものか。
当たり前のように親に育てられた私も含む多くの人にとって、この不在はなかなか想像がつきにくいものだと思います。
また「親子」は、ひとつの人間関係です。子どもは親元で成長することで、生まれてはじめての人間関係を学んでいくのです。
子どもにとって親は、安心感を与えてくれる存在であると同時に、育つ過程で接する一人の「人間」です。
一人の人間ですから当然、「オフ」の状態もありますし、時には「疲れた」と横になることもあります。
悲しいこともあれば悩むこともある。
子どもはそうやって、いろんな感情と共に生きている「人間の姿」を実際に目にしながら成長していくものだと思います。
その点、施設の子どもたちが接する職員の方は、常に「仕事」中です。
子どもと接するときもプライベートな時間ではなく、あくまでも仕事として行動しています。
常に「オン」の状態でいなければなりません。
ですからその辺りの機微は、施設ではどうしても養いづらい点だといえます。
〔2019年10/8(火) BEST TIMES 漫画:にしかわたく〕

児童虐待:心の傷、どう対応 苦悩する養護施設職員
2015年度の全国の児童相談所の虐待対応件数が10万件を超えた。
保護されて施設や里親の元で生活する子どもの多くは、親からの激しい虐待を経験している。
そうした子どもたちの育ちの場として「施設から家庭」への転換が求められている中、今も2万8000人が全国602カ所の児童養護施設で暮らす。
だが、何らかの障害があるなど対応がより難しい入所児も増えており、離職する施設職員も少なくない。
「お前、成長したな」
8月初旬、東日本の児童養護施設が夏休みのキャンプで訪れた浜辺。
年下の子にテントの組み立て方を教えていた高校生の少年は、施設長に声をかけられ、照れ笑いした。
この少年は小学生の時、精神疾患がある母親の養育放棄で保護された。
初めに入所した福祉施設で暴れて数カ月で出され、移った別の施設で発達障害の診断を受け、治療薬を4種類以上服用した。
そこも出て10代前半で今の児童養護施設に来た時はろれつが回らず、手先が震えていた。
職員に暴言を吐き、学校では備品に火を付けた。
屋上から飛び降りようとする少年を施設長が抱き止め、「人も自分も傷つけるな」とたしなめた。
児童養護施設で暮らす子どものうち、被虐待児は13年に59・5%を占めた。
何らかの障害を抱える子は過去最多の28・5%に達した。
心の傷や障害の影響から感情を制御できなくなる場合もある。
この少年が生活する施設でも、半数近い子に発達障害や知的障害などがある。
「対応しきれず『限界』と辞める職員も少なくない」と施設長は明かす。
一方の児童相談所も多忙だ。保護した子を施設へ委託する際、居住自治体からの転出届などを施設に届ける。
施設が転学手続きなどをするのに必要で、ない場合は施設が児相に連絡すれば以前はすぐ送ってくれた。
だが最近は1週間以上かかって学校に行くのが数日遅れることもある。
心理的虐待の増加で虐待対応が増えた、と施設長はみる。
施設長は言う。「施設に託した後の子も児相の仕事として見届けてほしい。怒りや不安を表現しづらい子を息長く支える必要がある」
………………………………………………………………………………………………………
□解説
◇児相頼み、転換の時
2015年度の児童相談所の虐待対応件数が10万件を突破した背景には、児童虐待が特異なことではなく、身近な問題という認識が社会に広がり、通報や相談が増えたことがある。
一方、対応する児相職員の負担は重くなっており、虐待を受けた子どもや保護者への支援を「児相頼み」から転換する時期に来ている。
04年の法改正で、児相だけではなく市区町村も虐待相談を受け付けるようになった。
身近な相談は市区町村を窓口にすることで支援を手厚くする狙いだったが、今も通報や相談が児相に集中する状況は変わっていない。
このため、抜本的な見直しを進める改正児童福祉法が今春、成立。
児相は専門性の高い対応に専念する一方、市区町村が支援拠点や専門職を置くなどして一般的な支援を担い、児相と役割分担を進めることになった。
虐待の芽を早期に摘み取り、深刻化を防ぐため、改正法が目指す支援体制の一層の充実が欠かせない。
〔◆平成28(2016)年8月4日 毎日新聞 東京夕刊〕

児童虐待、対策を強化 養護施設「22歳まで」 児相「介入」に重点
□厚労省専門委報告
児童虐待や社会的養護に関する厚生労働省の専門委員会は10日、児童福祉法の対象年齢を現行の「18歳未満」にとどめる一方、支援は「少なくとも22歳まで必要」とする報告書をまとめた。
原則18歳で退所する必要がある児童養護施設の入所者が、22歳まで入居を継続できるようにする内容。
児童相談所(児相)の設置自治体も拡充させ、児相の業務を一時保護など強制措置の伴う「介入」に重点化させる方向性を示した。
◇児童虐待の影響で自立が難しい子供を少しでも長く保護するほか、虐待に対応する拠点を増やし、重大事案を防ぐ体制を作る。
厚労省は今国会に児福法改正案を提出し、平成29年度の施行を目指す。
現在の児福法は「児童」の定義を17歳までと規定しているが、民法の規定で、未成年者は住居の契約ができないなどの問題が指摘されていた。
一方、民法の成人年齢を「18歳」とする法改正の動きを踏まえ、報告書では児童の定義を変えず、18歳以降も支援を継続できるようにした。
また、子供を一時保護する機能は児相が、親子への支援は自治体が担当するなど、役割を分担することが望ましいと指摘。
周辺住民からの通報への対応に追われる現在の児相の負担を軽減し、子育て家庭からの相談や継続的な見守りなどを市町村が担うこととした。
さらに都道府県と政令指定都市にのみ設置が義務付けられている児相を、東京23区でも設置できるよう認め、設置が進んでいない人口20万人以上の中核市にも促す。

□「自立準備に余裕」「一定の前進」 
「進学を含めた選択肢も増え、自立に向けた準備期間に余裕ができる。
入所者が抱える重圧も減る」
都内の児童養護施設に勤務する児童指導員の男性(23)は報告書を「一定の前進」ととらえる。
男性は幼少期に両親が離婚。母は兄と妹ばかりをかわいがり、男性だけ別の部屋で寝かされるなど育児放棄を受けた。
小学6年生で児童養護施設に入所。
「『ここがあなたの家だよ』といわれ、初めて人に認められた気がした」。
同じ境遇の子供を救おうと、施設職員になることを決意した。
18歳で退所後、施設出身者の学費が一部免除される山口県の大学に進学。
授業後はアルバイトを掛け持ちし、明け方まで働きながら学費を支払った。
「施設には退所年齢を間近に控え、就職や進学が決まらず、金銭管理ができないままの入所者もいる。
そうした入所者にとって保護年齢引き上げは必要だ」と訴える。
居場所を失った子供を受け入れる社会福祉法人「カリヨン子どもセンター」(東京)の石井花梨事務局長(33)は「ケアが必要な若者を、一般家庭の若者と同じスタートラインに立ってもらうための環境作りが急務だ」と話した。

【用語解説】児童養護施設
児童福祉法に基づき養護が必要な児童を受け入れる施設。
全国に601カ所あり、入所児童は約2万8千人に上る。
厚生労働省の調査では、両親による虐待を原因とするものが最も多く、4割近くを占めている。
原則として18歳になると退所する必要がある。

【用語解説】児童相談所
児童福祉法に基づき、18歳未満の児童の権利保護のため、虐待や不登校などの対応や相談のほか、児童と家庭の支援を行う。
虐待通告を受けると、原則48時間以内に安全を確認する。
児童を保護者から引き離す一時保護を行うほか、児童養護施設への入所、里親への委託を決める。
各都道府県と政令市などが208カ所設置している。
〔平成28(2016)年3月11日 産経新聞 大阪朝刊〕 

児童養護施設の子どもたちの進学を応援する奨学金をご紹介します。
「カナエール」は児童養護施設を退所した後、専門学校や大学等へ進学する子どもたちを応援する給付型奨学金支援プログラムです。
http://www.canayell.jp/contest/
・ 一時金 30万円
・卒業までの奨学金 毎月3万円
〔2016年3月16日・貧困ネット、ファイナンシャル・プランナーの新美昌也です。〕 

養護施設 障害持つ子3割 虐待…言葉、学ぶ力に遅れ
専門家派遣 訓練法指導へ
児童虐待の急増に伴い、児童養護施設で暮らす子供の約3割を、知的障害や発達障害などを持つ障害児が占め、15年間で約3倍に増えている。
障害児支援の仕組みが追いついていないことから、厚生労働省は、発達支援に詳しい保育士らを児童養護施設に派遣する方針を固めた。
開会中の通常国会に児童福祉法の改正案を提出し、2018年度から新制度をスタートさせたい考えだ。
「なんれ、やめれよ」(なんで、やめてよ)
昨年11月末、東京都内の児童養護施設。
施設前の広場で遊んでいた男児(6)は、一緒に暮らす友達と三輪車の取り合いになった際に、相手を手で押しのけた。
発語がはっきりしない男児は言葉でのコミュニケーションが苦手で、発達障害の疑いがある。
男児は幼い頃から、小学生の姉が母親から殴られるのを見て育ち、心理的な虐待を受けてきた。
姉とともに保護され、昨年夏から同施設で暮らし始めたが、同年代の子より成長が遅れている。
ただ、同施設では障害児専門の支援ができる人手が足りないため、ほかの子と同じように幼稚園に通わせている。
この施設では、男児のように、対人関係を築くのが不得意だったり、読み書きや計算が苦手だったりする子が年々増え、現在は入所する約50人の半数に障害の疑いがある。
本来は、発語能力や集中力を高める訓練のほか、筋力の強化などを丁寧に行って成長を促す必要がある。
施設の担当者は「施設単独で対応できる人材を確保するのは難しい」と実情を語る。
厚労省によると、2013年時点で児童養護施設に入所している子供約3万人のうち、障害の疑いがある子供は8558人(28・5%)に上り、1998年と比べて人数、割合とも約3倍になった。
知的障害が3685人(12・3%)と最も多く、対人関係などが苦手な「広汎性発達障害」1576人(5・3%)、衝動的な行動を起こしがちな「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」1384人(4・6%)と続く。
障害者白書によると、18歳未満の知的障害児は全国に約16万人で1%程度に過ぎず、児童養護施設における障害児の割合の高さは際立っている。
児童虐待が背景にあるとみられ、同省の調査では、施設への入所理由が虐待だった子供は、98年の5192人(19・2%)から、2013年には1万1377人(37・9%)へと倍増。
子供は長期間、暴行や暴言を受けたり、ネグレクト(養育放棄)されたりすると、発達障害のような症状が出るとされる。
全国には障害児の治療や訓練を行う入所施設が約500か所あるが、入所できるのは、ほとんどが障害の重い子で、中軽度の子供は児童養護施設に入るケースが多い。
このため、厚労省は、発達支援に詳しい保育士や作業療法士らを児童養護施設に派遣し、子供の訓練や、児童養護施設のスタッフに訓練法の指導をしてもらうことにした。
虐待を受けた子供の治療をしている杉山登志郎・浜松医科大特任教授は、「障害のある子供の成長には、丁寧な対応が欠かせない。児童養護施設への専門家の派遣は有効な支援策になる」と話す。
〔◆平成28(2016)年1月31日 読売新聞 東京朝刊〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス