カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


全体主義教育

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

全体主義教育

日本からビル・ゲイツは生まれない。発達障害の権威が指摘する“全体主義教育”の罪
集団行動や規則を守るといったことは苦手ながら、一方で、類まれな才能を持っているといわれる発達障害の子供たち。
しかし多くの子が、その才能を生かせていないのが現状です。
子どもの発達障害の権威として著名な杉山登志郎医師は、この問題の根底には日本特有の全体主義にあるといいます。
知的な遅れを持たないASD(自閉症スペクトラム障害)の子供たちは、通常10歳頃になると他の人たちが何を考えているのかが分かるようになってきて、社会的なコミュニケーションも自然と向上する。
すると個別な対応が必要な子も減ってくる。
実際、私が長く診てきたASDの子たちは、小学校は支援クラスでスタートし、高学年や中学生から通常クラスに変わっていった子はとても多い。
しかし日本では、小学校では支援クラスが足りないという問題が少ないのに、中等部でやや増え、高等部で希望者が殺到して入りきれなくなる、ということが起こっている。
きちんと教育がおこなわれていたら、小学校で希望者が多く、高学年頃から減っていくはずなのに、だ。
知的に高い子が特別支援クラスに入るアメリカ
他の先進国と、日本の特別支援教育とでは、ものすごく大きな違いがある。
日本では特別支援教育の免許を持っていなくても通常校の支援クラスは担当できることになっているが、多くの先進国は、通常の教員免許を取得したうえで、大学院を出てはじめて特別支援教育の免許が取れる制度になっている。
専門の教育を受けた者以外が特別支援教育に携わることはないのだ。
しかし最も大きな違いは、知的に高い子への支援である。
たとえばアメリカでは、知的に高いギフテッドのための特別支援教育がある。
知的に高い子は、通常のカリキュラムだと退屈してしまう。
アメリカで特別支援教育を受けている子供は、一番多いのは学習障害の子供だが、二番目に多いのがこのギフテッドなのだ。
一方日本は、知的に高い子もみなと一緒にゆっくり学ばなければならない。
しかも才能児の場合、能力の非常に高い面を持つのと同時に、低い面を持っている子が多い。
児童精神科医から見ると、このような子の大多数はASDなのである。
そうすると、伸ばすところと埋めるところの両方の支援が必要になる。
こうしたギフテッドの才能を伸ばしていくことは、国家的にはとても大事なことだ。
アスペルガー症候群を持っていたと言われているビル・ゲイツが、アメリカにどれくらいの利益をもたらしたか考えてみるといいだろう。
そしてそれ以上に、ギフテッドの特別支援教育が日本にも入ってきてほしい理由がある。
それは、特別支援教育そのもののイメージが変わると思うからだ。
ギフテッドを受け入れることで、特別支援教育が通常教育より下のもののように受け止められる今の状況が一変するのではないだろうか。
高学年までは子供たちに個別に対応すべき
以前にインドの小学校で、日本式の運動会がおこなわれたことがある。
その際、皆が一斉にジャンプする“大縄跳び”が、どのクラスも一回も跳べなかったのだ。
これを聞いて、あなたは驚くだろうか? 
どのクラスも何回も跳べてしまう日本の小学生のほうがおかしいと、私は思う。
少なくとも世界基準ではインドのほうが普通だろう。
日本の学校は、いまだにみんな一緒に同じことを学んでいくという全体主義から抜け出せないでいるのだ。
今の日本の学習カリキュラムは、小学校中学年で大きく飛躍する。
となると、これまでの全体主義的なやり方だと、ハンディキャップのある子はここでハードルに引っかかってしまうわけだ。
自立に必要な最低限の学力は、だいたい小学校中学年までと言われている。
だからこそ高学年に入る前の時期には、子供に合わせて個別に対応可能なシステムできちんと教育することが、成果を出す近道だと考えている。
しかも個別対応が必要な子供たちは、これから増えることはあっても、減ることはない。
日本の学校はこれまで子供たちに無理をさせてきた。
そろそろ無理をやめるべきではないだろうか。
幸福な子供時代の記憶は、間違いなく一生の宝になる。
だからこそ子供たちには、楽しい充実した学校時代を過ごしてほしいと切に願っているのである。
mi-mollet(ミモレ)
『子育てで一番大切なこと』杉山登志郎著 講談社現代新書 ¥840
『発達障害の子どもたち』『発達障害のいま』などの著書を持つ児童精神科医の杉山登志郎医師が、発達障害や不登校、虐待にはあまり関心のない普通の読者が読めるようにと書いた子育て本。
編集者との対話形式で綴られているので、専門的な内容も非常に分かりやすい。
子育ての基本を、妊娠時期から乳幼児期、小学生時期と、時期別に分析。
また見逃されがちな発達障害、そして子育てにおける課題などについても解説している。
〔2019年9/11(水) webマガジン mi-mollet 文/山本奈緒子 構成/山崎恵 〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス