カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


合鴨家族 古野農場

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 福岡県 > 桂川町 > 合鴨家族 古野農場


合鴨家族 古野農場

所在地 福岡県桂川町
TEL
FAX

「逃げ出したいと思った」元不登校20歳の挑戦 仲間、収穫の感動…高まった農業への熱
「地域や農業者の仲間に入れてもらい、自立を目指したい」-。
福岡県桂川町の「合鴨(あいがも)家族 古野農場」で農業研修中の宮崎陽太郎さん(20)は、中学時代のほとんどを学校に通わず過ごした。
不登校の経験から、一時は「集団生活に不安があった」というが、研修を通じて徐々に自信をつけ、現在は独立を目指して桂川町や嘉麻市を中心に、畑と田んぼを貸してくれる人を探している。
宮崎さんは直方市出身。友人関係に問題はなかったが、中学生になって勉強について行けなくなったことがつらくなり、1年生の夏休み明けから休む日が増えた。
そして、2学期の途中から不登校になった。
心配した宮崎さんの両親は、引きこもりをテーマにした講演会に参加。
そこで飯塚市で引きこもりの人を支援するNPOの代表、野田隆喜さん(63)と出会った。
野田さんはそれから2年間、宮崎さんの自宅を訪れて対話を重ね、「中学を出て何の肩書もない状態だと社会から孤立しがちになる」と、通信制高校への進学を勧めた。
宮崎さんは通信制高校で学びながら、自立に向けた職探しに。そこで野田さんが提案したのが農業だった。
「食べ物さえあれば生きていけるし、農作業を通じて、人とのつながりを再構築できる」。
最初はピンとこなかった宮崎さんだが、2年の夏に種苗メーカー「タキイ種苗」が滋賀県に設置している園芸専門学校へ見学に行った際、広大な土地でさまざまな野菜が育てられている光景に魅了され「やってみたい」と同校に進むことを決めた。
野菜が収穫の時期を迎え感動
専門学校は1年間の全寮制。宮崎さんにとって初めて親元を離れた暮らしになったうえ、集団生活は5年ぶり。
「ずっと家にいて体力もなかったし、不安や緊張で逃げ出したいとも思った」。
それでも、グループで実習をするうちに仲間ができ、育てた野菜が収穫の時期を迎えると感動を覚えた。
勉強を重ねるにつれ、農業への熱が高まった。
昨年春の卒業以降は、古野農場の古野隆雄さん(69)の下で、有機農業などを学んでいる。
古野さんは「意欲的に働くし、研修を通してたくましくなった。農業従事者が減る中、彼のような若い力は宝だ」と目を細める。
今は農場での仕事と並行して、独り立ちするための田畑を探している。
ただ、休耕地の情報が集約されたサービスなどが地元にはなく、見つける手がかりは少ない。
宮崎さんは「まずは来春から3年、自分だけで農業をして農家としての信頼を築きたい。どんな情報でも教えてもらえたら」と話す。
野田さんは「不登校を経験した彼に、自立できるチャンスを与えてほしい」と呼び掛けている。
  〔2020年9/4(金) 西日本新聞(長美咲)〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス