カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


希死念慮

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

希死念慮

周辺ニュース

ページ名希死念慮、(死亡関係、自殺予防)
誰かに「死にたい」と言われた時、考えてほしいこと 「絶望を分かつ」というゴール 松本俊彦医師に聞く
【#withyou~きみとともに~】
生きづらさを抱える10代に向けて始めた企画「withyou~きみとともに~」のこれまでの取材では、10代の「死にたい」の声に、記者自身が戸惑うことがありました。
「死にたい」と口にする10代とどう向き合えばいいのか。
精神科医の松本俊彦さん(国立精神・神経医療研究センター)は、「伝える相手を見誤らなければ、ガス抜きになる」と語ります。
(朝日新聞記者・金澤ひかり)
「ただもう、どうすればいいかわからなくて…」 不登校の子の気持ち、描いた漫画
逆手にとられるリスクには注意
――SNSなどで「死にたい」という言葉を多く見かけます。
2017年、座間の事件がありました(※座間の事件…自殺に関するつぶやきを通してツイッターで被告と知り合ったとされる9人が、神奈川・座間のアパートで殺害された事件)。
「死にたい」とつぶやく場所を考えないと、この事件のように逆手に取られてしまうリスクもあるということをまず伝えておきたいです。
その上で、なんですが、「死にたい」と言うこと自体はむしろガス抜きとしての効果があります。
特に自分の気持ちを表現する言葉が追いつかない子は、「死にたい」と言う以外の表現方法がない場合もあります。
決して「『死にたい』と言う人は死なない」と言っているわけではありません。
リスクは高いんだけれど、リスクの中で誰かとつながることを求めているから、あえて言葉を発しているんだと思います。
上から目線じゃない「一人じゃないよ」
――つながるための「死にたい」
熊谷晋一郎先生(小児科医・研究者)が、「希望とは絶望を分かち合うことである」と言っています。
苦しいという共通項で誰かとつながるというのも、自殺対策のゴールの一つかもしれないと、私は思っています。
それは、上から目線ではなく、「ひとりじゃないよ」と、伝えることです。
――SOSを出せない子が「死にたい」という言葉で訴えかけている場合もあるのでは。
現実には、いろんなことで傷ついてSOSを出せなくなっている子どもたちはいます。
その子たちには、どんなに「SOSの出し方」を教育しても、出せません。かえって閉じこもってしまいます。
――過去に、松本さんは「『死にたい』という告白には、『死にたいほどつらいが、もしもそのつらさが少しでもやわらぐならば、本当は生きたい』という意味がある」
(出典:「死にたい」に現場で向き合う、「こころの科学」2016年)とおっしゃっています。
大人でも、ちょっとしたことで「あー、死にたい」とか言う人っていませんか。
そういう人って、つらい過去があったりして、なんとか生き延びている人だったりします。
コップの中にいつも水がたまっていて、ちょっと上から足すだけであふれちゃう状態ですが、「死にたい」と言うことで、なんとか生き延びているんです。
「困難な状況の中でも生きているあなた、見ているよ」
――子どもたちの「死にたい」気持ちに大人は何ができるのか。
スイスの精神分析家アリス・ミラーは、トラウマを受けた人のうち、自殺したり犯罪者になったりする人とそうでない人では、何が違うのかという研究をしました。
その違いは、「証人のようにずっと見ていてくれる人がいるかどうか」だと論じています。
解決したり、苦しみをとったりすることはできないけど、「困難な状況の中でも生きている、あなたの生き様を見ているよ」という人がいるかいないかで違うと。少なくとも誰かがそういう機能を果たしてくれるといいですよね。
――「死にたい」という気持ちについて議論するのは得策ではない?
死にたいと思うことや死ぬことの是非について議論するのではなく、大人がすべきは、その背景についてなにができるだろうかと話し合うことです。
――「死にたい」と言える場所が居場所になる場合があるのかもしれません。
いろんな居場所があるといいですよね。さらには生き方のサンプルやデータベースがいっぱいあるといい。
大人に比べて、子どもがささいなことで亡くなりやすいのは、子どもがデータベース不足だからです。
私が思うに、多くの子どもたちにとって、小学4年生頃までは家庭が世界のすべてで、高校1年までは学校が世界のすべてだと思いこんでいます。
でも本当はそうではなくて、失敗してもいろんな生き方があるんですよね。
しんどいのは9月1日だけじゃない
――居場所という意味では、子どもたちの数少ない居場所のひとつである学校を巡り、長期休み明けに子どもの自殺が増えるという調査結果が2015年に公表されました。
以来「9月1日問題」ともいわれるようになり、メディアもそれを積極的に報じています。
一方で、最近はその報道がトリガーになるのではという懸念の声も出始めています。
それは早くから指摘する人たちもいましたし、私も確かにその通りかなと思います。
でも、どこかで誰かが一回は声を上げておいた方が、救われる人たちはいます。
ただ、いつまでもそこだけ(9月1日だけ)を切り取り続けるのはどうかと思っています。
今春の10連休明けもそうですが、子どもたちの苦しみは9月1日だけの問題ではありません。
長期休み明けというのは、学校がしんどい子たちにとって、苦しみがいったんなくなった状態で、また始まるということです。
そういう意味では正月休み明けも同じです。
実は似たような苦しさを子どもたちは1年中経験しているんですよね。
小さい単位でもそうじゃないですか。日曜日とか。
問題を一般化して行けばいいと思います。
そろそろ報道も変わっていくべき時期だと思います。

いろんな相談先があります ・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう) ・こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト)→http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06112210.htm ・いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト)→https://jssc.ncnp.go.jp/soudan.php 生きづらさを抱える10代へ「#withyou」 withnewsでは、生きづらさを抱える10代への企画「#withyou ~きみとともに~」を進めています。

今年のテーマは「#居場所」。目に見える「場所」でなくても、本や音楽…好きなことや、救いになった言葉でもいいです。生きづらい時間や不安な日々をしのげる「居場所」をみなさんと共有できたらと思います。 また、8月26日には子どもたちの「居場所」について考えるイベントを昼と夜の2部構成で開きます。2学期が始まる。しんどくて、逃げたい……。夏休みが終わるのを前に、そんな思いを抱える子どもたちに寄り添っていきます。

(昼の部)10代が安心して過ごせる「居場所」とは?@日本財団ビル 14:30~17:30 子どもの問題を取材してきたノンフィクション作家の石井光太さん、自分の不登校経験をマンガ「不登校ガール」で描いた女優の園山千尋さん、フリースクールネモ代表の前北海さんが、「居場所」について考えるトークイベント。無料です。詳細や申し込みは→https://withyou-ibasho.peatix.com/view (夜の部)本音トーク!「#居場所」@ツイッター本社からツイキャス配信(@withnewsjp) 22:00~24:00 不登校経験があり、今は俳優やYouTuberなどとして活躍する個性的な面々が、つらい日々によりどころにした「居場所」について、本音トーク! ハッシュタグ「#居場所」に寄せられたアイデアもシェアしていきます! 〔2019年8/9(金) withnews〕


大阪あべのカウンセリングルーム (大阪府大阪市阿倍野区)

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス