カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


昭和大学病院内さいかち学級

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 不登校のニュース > 昭和大学病院内さいかち学級
Icon-path.jpg メインページ > 東京都 > 世田谷区 > 昭和大学病院内さいかち学級

昭和大学病院内さいかち学級

所在地 東京都世田谷区
TEL
FAX

登校したくない…心の声に耳澄ます10のリスト
子の「やりたくない!」は「気持ちを聞いて」のサイン。
大変なときに「助けて」と言える関係性を大人も子どももつくっていく
長期間にわたった外出自粛。学校生活を再開させた小学生の心のケアや学習の遅れも心配されています。
コロナ後の子育てや家族の在り方はどうなるのかを考える、オンライントークイベント『My Revolution2020~これからの「仕事」「家族」「自分」を描く7日間~』が2020年5月25日~31日に行われました。
アドラー式コミュニケーションに詳しい子育て支援代表取締役の熊野英一さんと子育てサイト「パパコミ」編集長で兼業主夫放送作家の杉山錠士さんが進行役となり、多彩なゲストや参加者からのチャットと積極的に意見を交わしました。
前回記事で紹介した「夫婦でどうする?」に続き、今回は5日目の「子どもたちはどうする?」を抜粋して、紹介します。
●ウイズコロナの教育はどうなる?
この日のゲストは昭和大学附属病院内にある「さいかち学級」の担任を務めた副島賢和さん。
もともとは東京都内の公立小学校で25年間教員を務めていましたが、2006年から8年間、入院中の子どもたちに勉強を教える「病弱教育」に携わるとともに、赤鼻をつけたクラウン(道化師)として、病院に入院している人たちを楽しませる「ホスピタル・クラウン」としても活動してきました。
「僕自身も小さいときから病気がちでした。
運動会に出られず、自宅で運動会の歓声だけ聞いていたり、遠足に行けず、出掛けて行く友達を自宅の窓から眺めていたりしたこともあります。
教員6年目に肺の病気で入院し、5年間ほど入退院を繰り返しました。
その間に子どもの入院患者を何人も見かけて、『入院している子は勉強することができないのか? 
それは、おかしい』と思い、病弱教育に関わるようになりました」。
コロナ禍で親はどうしたらいいのかを考えるとき、病弱教育にそのヒントがあるといいます。
「病気で入院している子どもたちは、普通に学校に通っている子どもたちのようには学べません。
今は『新型コロナウイルスによって、すべての子どもが思うように学べない』という状態。
私が病弱教育に関わる中で感じたこと、実践してきたことをお伝えしたいと思います」
コロナで公教育への不安を感じた人も
最初に、16歳と8歳の娘を育てる杉山錠士さんが副島さんに問いかけました。
「小学校では長期間の休校が続き、登校が始まっても分散登校、短時間授業からのスタートです。
サポートが手厚い私立校もありますが、公立では宿題の内容や、オンライン授業の実施も、自治体によってまちまちだったと聞いています。
公立校でもきちんと学べるのか、この先の教育はどうなるのか、不安に感じている人は少なくありません」
副島さんは「公立校にも素晴らしい点がある」といいます。
「公的教育の素晴らしい点は『すべての子どもに教育を受けさせる』ということ。
現在のコロナ禍でも現場の先生たちは学びを保証するため、どういった授業をするか葛藤し、工夫しています。
ただ、子どもたちに負担を強いることは避けたいと思っていても、文部科学省が定めた標準授業時数があるため、そこから外れることはできないんですね。
私の個人的な意見ですが、今こそ病弱教育の指導要領にある『通常教育に準ずる教育』が役に立つのではないかと思います。
この場合、45分間授業が難しければ、内容を精選して教えたり、合科といって国語と社会を併せて教えたりすることも可能です。
そうした病弱教育の知見を、今回の事態に応用して、柔軟に対応できるといいのですが」
また副島さんは「今後は子どもたちが自ら学ぶ力を育てるべきだ」といいます。
「今回、3カ月という長期間の休校になって、子どもたちは『暇過ぎる』『何をしていいか分からなかった』と。
本来、子どもたちにとって長期間の休みは『そんなに休んでいいの? あれもやりたい、これもやりたい』とワクワク、ドキドキするはずなんです。
そうしたパッションや自発的な学びを、これまでの教育が奪ってきたのではと反省しています。
僕が小学校の担任をしていたとき、僕が教室にいても自習時間を設け、子どもたちが一人ずつ45分間の授業で何をするか計画を立て、勉強するようにしていました。
一人で勉強する力がないと勉強しませんし、本来は『学力』とは『新しいことを学んでいく力』であるべきです。
でも、今は評価しやすいために『学んだ結果の力』を指します。
子どもたちがワクワク、ドキドキを自ら追究できる教育に変えていかなければいけません」
アドラー心理学に詳しい子育て支援代表取締役の熊野英一さんも「ワクワク・ドキドキは新しい時代のキーワード」だといいます。
「今回のイベントではどの回でも、ゲストの方から『何にワクワク・ドキドキするのかを考えよう』といった話が出ています。
¥2回目のゲストだった公認会計士の田中靖浩さんは『これからは(ワクワクする)場に参加する人ではなく、場をつくる人しか生き残れない。まずは自ら動け』、4回目ゲストで曹洞宗僧侶の藤田一照さんは『自分の深淵をのぞけ!』と言っていました。
今後は親たちも自分が何をしたいのか真剣に考えるべきだし、子どもたちからもセンス・オブ・ワンダーを奪ってはいけないと感じています」
登校再開、子どもの心のケア10のポイント
長い休みから学校へ戻ることに不安を感じたり、今までとは違う環境に戸惑ったりしている子どももいます。
参加者からは「わが子はコロナウイルスが流行する前から、不登校です。
親として、どうすればいいでしょうか」というチャットも届きました。
副島さんは「学校に行ける!やったー!」と喜んでいる子どもばかりではないと理解を示します。
「学校が休みの間はよかった、また登校するのは怖い、という子どもたちもいます。
登校が再開したからといって、親が『はい、行ってらっしゃい!』と一方的に送り出すのは酷です。
僕が院内学級の担任をしていたときに10のチェックリストをつくって、退院した子どもが学校に戻れるかを考えていました。
何かの参考になればと思いますので、紹介します」(以下、「 」は副島さんのコメントです)。
●1、休む以前から教室に居場所はあったのか
「そもそも、その子にとって学校は良い場所だったのか、居場所はあったのかどうか。
居場所がない場所に戻れというのは、子どもにとって大変です。
居場所があるか、新たにつくれそうかを確認しましょう」
●2、休んでいた間に、学校や担任、友達とつながりは持てていたか
「今回のコロナウイルスは進級の時期だったので、まだ新しい担任とはコミュニケーションがとれていないかもしれませんね。
その場合は前の担任や、友達など誰かつながりを持てる人がいるかどうか考えましょう」
●3、復帰するに当たって、不安を軽減できているか
「例えば、勉強についていけるか、友達とコミュニケーションがとれるか、体調が悪くなったときはどうするか。
不安に対して一つひとつ解決策を示してあげる、一緒に考えてあげると子どもの不安を軽減できます」
●4、復帰後の見通しを持てているか
「本人が短期的、長期的な見通しを持っているか。
例えば、最初は短時間の登校から始めて通常に戻っていけるのか、勉強の遅れには補習をしてもらえるのか、などです」
●5、学校に相談できる人はいるか、相談できる場所はあるか
「担任でなくても以前の担任でもいいし、友達でもいい。
保健室の先生や用務員さんでもいい。学校でつらいときに避難できる場所、気持ちを吐き出せる場所があると心強いです」
●6、学校以外にエネルギーをためる場所はあるか
「家でもいいし、習い事でもかまいません。その子がリラックスし、エネルギーをチャージできる場所をつくってあげましょう」
●7、「学校に行けなかった」という経験を糧にできるよう、種を植えてあげられたか
「これは院内学級の先生が、すごく考えていることです。
大人は入院経験を『こういうこともあるさ』と思えますが、小さな子どもや思春期の子どもたちは、とてもそうは思えない。
甲子園やインターハイに出られない子どもたちも、簡単に『仕方がない』とは思えないでしょう。
そんなときにそばに寄り添って、『学校には行けなかったけれど、こんなに楽しいことがあった』『この人に出会えて良かった』といった種をそっと植えてあげられればと思います」
●8、受け入れ側はちゃんと成長しているか
「今回のコロナ禍とは一致しないかもしれませんが、しんどい子どもたちを受け入れる素地が学校側にできているかどうか。
不登校の子どもに手を貸したり、『何かあれば言ってね』という雰囲気があったりすると、うれしいですね」
●9、休みの間に本人が力をつけられたか
「例えば、しんどくて大変なときに自らSOSを発信できるか。
分からないことを他人に聞きに行けるか。そうしたメンタル面の強さが育っていますか?」
●10、受け入れ側の組織が機能しているか。
「これは親の力だけではどうにもなりませんが、学校の体制、組織についても調べておきましょう」
そして、何より大事なのは「子どもの心の声に耳を澄ますこと」「しっかり受けとめること」だと副島さんはいいます。
「子どもが何かを『やりたくない!』と言ったときは『やりたくない気持ちを聞いてよ』と言っているのと同じだと思います。
だから、その理由を聞いてあげると納得する場合が多いんです。
『嫌だ、やりたくない!』のときは『やりたくない』以外に何かしらの『嫌だ』という理由があるはず。
そこを丁寧に取り除いてあげないと、なかなか解決できません。
子どもが『嫌だ、学校に行きたくない』と言うなら、何が引っかかっているかを考えましょう。
親としては不登校をすぐに『許容』はできないかもしれませんが、まずは『受容』してあげてください。
ただ横にいるだけでもいい、寄り添ってあげてください。
でも、横にいて寄り添うのも、実はしんどいこと。親自身も誰かに支えてもらうことを忘れずにいてほしいです」
人に優しい社会に今こそ変わっていこう
前ページで紹介したチェックリストは、学校へ戻る子どもたちだけでなく、職場に復帰する大人たちにも通じるかもしれません。
自分がつらいとき、大変なときに「助けて」というのは、決して悪いことではないと副島さんは言います。
「実は、子どもも大人も『助けて』というスキル、援助希求を持っていないんですね。
『どんな顔をして頼めばいいか分からない』『助けてなんて言う自分は駄目だ、愛されない』と思っている。
僕は院内学級の担任をしていたときに『このゲームのルールが分かんないだよね。教えて』と聞いたり、誰かの手助けをした子どもには『困っている人を助けてあげられてよかったね』と褒めたりしていました」
「今回のコロナ禍では、子どもも大人もみんなが傷付いている当事者です。
そんなときに周囲の人間が、『あなたは一人じゃないんだよ』『今まで通りにできないことは駄目じゃないんだよ』と伝えてあげられれば、人に優しい社会に変わっていくのではないでしょうか。
東日本大震災が起きた後にもそうした社会に変わりかけましたが、いつの間にか元に戻ってしまった気がします。
今度こそ、人に対して思いやりを持ち、みんながみんなを支え合える世の中に変えていきたいと思っています」
最後に、副島さんが院内学級で子どもたちに語りかけていた言葉を紹介しました。
「つらい時期は向かい風。地面に這いつくばって、風が通り過ぎるのを待つといいよ。
もうすぐ必ず、後ろから追い風が吹くからね。
そのときに両手両足を広げて風に乗れるように、今は力を蓄えておくんだよ」
副島賢和(そえじま・まさかず)
昭和大学大学院保健医療学研究科准教授
1966年福岡県生まれ。昭和大学附属病院内学級担当。学校心理士スーパーバイザー。
都留文科大学卒業後、東京都の公立小学校教諭として25年間勤務。
99年より東京学芸大学大学院にて心理学を学び、2006年から8年間、品川区立清水台小学校教諭・昭和大学病院内さいかち学級の担任を務めた。
14年より現職。11年には『プロフェッショナル仕事の流儀』(NHK総合)に出演。
著書に『あかはなそえじ先生の ひとりじゃないよ:ぼくが院内学級の教師として学んだこと』(学研教育みらい)、『ポスト・コロナショックの学校で教師が考えておきたいこと 』(東洋館出版社/共著/6月22日発売予定)など。
熊野英一 子育て支援/ボン・ヴォヤージュ有栖川 代表
1972年フランス・パリ生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
メルセデス・ベンツ日本にて勤務後、米国でMBA取得。
イーライ・リリー、コティを経て、2007年に(株)子育て支援を創業。
アドラー心理学に基づいた人材育成に関する企業研修や、子育て、働き方、介護、夫婦関係などのセミナー・講演会を手掛ける。
『育自の教科書』(アルテ)『家族を笑顔にしたいパパのための本』(小学館クリエイティブ)など著書や取材記事多数。
日本アドラー心理学会/日本個人心理学会 正会員。日経DUALの過去の連載はこちら。
杉山錠士 子育て情報サイト「パパコミ」編集長
兼業主夫放送作家
1976年生まれ。日本大学芸術学部在学中から放送作家としての活動を始める。
長女が年長になるタイミングで仕事を減らして「兼業主夫」へ。
家庭での担当は「夕食」「トイレ掃除」「ふろ掃除」その他、洗濯や掃除全般。
NPO法人「イクメンクラブ」社員、NPO法人ファザーリング・ジャパン会員。
オーナーを務める「旗の台BAL Cero」では地域のパパをはじめパパ友たちが日々集っている。
著書に『新ニッポンの父ちゃん~兼業主夫ですが、なにか?~』
〔2020年6/18(木) 日経DUAL〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス