カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


樺沢心理学研究所

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

樺沢心理学研究所

幸せな一生を送れる人は「健康→つながり→お金」の順番を守っている
古代ギリシャの時代から論じられてきた、「幸福とは何か」という問い。
精神科医の樺沢紫苑氏は「私たちが普段感じる『幸福』は、セロトニン的幸福、オキシトシン的幸福、ドーパミン的幸福に分類できる。
そしてこれら3つの幸福には『優先順位』がある」という――。
※本稿は、樺沢紫苑『精神科医が見つけた 3つの幸福 最新科学から最高の人生をつくる方法』(飛鳥新社)の一部を再編集したものです。
■「幸せ」を感じるとき、脳の中では何が起きているのか
「幸福になる方法」をお伝えするには、まず「幸福とは何か?」について考え、定義する必要があります。
これが非常にやっかいで、古来、アリストテレスやソクラテスのギリシャ時代から、2000年以上にわたって論じられた重要な問題です。
「幸福とは何か? 」について論じるだけで1冊の本になってしまうかもしれません。
しかし、私は哲学者でも、社会学者でもなく、精神科医です。
そして、脳科学研究も10年以上やっていました。ですから、私が論じるのはありきたりの「幸福論」ではなく、精神医学、脳科学に基づいた「実用のための幸福」となります。
正直、私は難しく考えるのが苦手です。だから、シンプルに考える。
幸福というものを、もっとシンプルに考えられないのか? 
ある日、思いました。私たちが「幸せ」と感じるときに、脳の中ではどのような反応が起きているのだろう?  
そして、具体的にどのような「脳内物質」が分泌されているのだろう? 
調べてみると、私たちが「幸せ」を感じるときには、ドーパミン、セロトニン、オキシトシン、エンドルフィン、アドレナリン、ノルアドレナリン、GABAなど、なんと100種類以上の幸福物質が出ているのです。
ドーパミンは、お金や成功、達成の幸せ。
セロトニンは、やすらぎ、気分の安定の幸せ。オキシトシンは愛、つながりの幸せ。
エンドルフィンは、ランナーズハイに代表される限界状況に陥ったときに出る多幸感の物質。
アドレナリン、ノルアドレナリンは、興奮、不安、恐怖。
例えばジェットコースターに乗ったとき、あるいは、テレビで格闘技の試合を観たときのエキサイティング、スリリングな快感と関係しています。
■「3大幸福物質」の出る条件がわかれば幸せになれる
脳内物質の本を片っ端から読んでいくと、私たちの日常的な幸福感を構成する主たる幸福物質として、「ドーパミン」「セロトニン」「オキシトシン」の3つが特に注目されています。
「ドーパミン」「セロトニン」「オキシトシン」は、多くのウェブサイトで「幸福物質」「幸福ホルモン」と紹介されており、世界的に見ても3大幸福物質といってもよさそうです。
ドーパミンが出ていると、心臓がドキドキするような高揚をともなう幸福感が出ます。
セロトニンが出ていると、爽やか、安らかな、おだやかな幸福感が出ます。
オキシトシンが出ていると、人やペットなどとの「つながり」「愛情」、あるいは赤ちゃんを抱っこしているときの、愛に包まれた幸福感が出ます。
さあここで、有史以来、多くの人が頭を悩ませてきた「幸福とは何か」の問いに、本書ではたった10秒で答えを出してしまいましょう。
ドーパミン、セロトニン、オキシトシンが十分に分泌されている状態で、私たちは「幸福」を感じる。
つまり、脳内で幸福物質が出た状態が幸せであり、幸福物質を出す条件というのが「幸せになる方法」であると言えます。
ドーパミン、セロトニン、オキシトシンが、それぞれどういった条件、状態、行動、アクションで分泌されるのかがわかれば、私たちは「幸福」になることができるのです。
■「健康」「つながりと愛」「お金、成功」
私たちは、セロトニン、オキシトシン、ドーパミンという、「3つの幸福物質」が存在することを知りました。
これは、幸福について考える「強力な武器」となります。
赤、緑、青は、光の三原色。
この3つの色で、光が構成されています。
同様に、幸福というものについて、セロトニン、オキシトシン、ドーパミンという3つの幸福物質をベースに考えることはできないでしょうか?  
つまり、私たちが普段感じる「幸福」は、セロトニン的幸福、オキシトシン的幸福、ドーパミン的幸福に分類できるだろうということです。
セロトニン的幸福とは、一言で言うと、健康の幸福。心と体の健康です。
オキシトシン的幸福とは、つながりと愛の幸福。友情、人間関係、コミュニティへの所属などの幸福です。
ドーパミン的幸福とは、お金、成功、達成、富、名誉、地位などの幸福です。
では、これをどのような順番で、あるいはどのように組み合わせていけば幸せになれるのか?
以下、考察を進めていきます。
■追求する順番を間違えると不幸になる
「健康」「つながり」「お金、成功」。
その全てが手に入ればいいなあ、とあなたも思ったはずです。
しかし、「3つの幸福」の全てを手に入れている人は非常に少ない。なぜでしょう?  
それは、「3つの幸福」を得るためには、「優先順位」があるから。
そして、ほとんどの人がその優先順位を間違えているから、幸せになれないのです。
ズバリ結論から言いましょう。
セロトニン的幸福→オキシトシン的幸福→ドーパミン的幸福の順番。これが正解です。
ドーパミン的幸福は一番最後です。
この順番を間違えると、幸福になるどころか、むしろおもいっきり不幸になる可能性もありますし、私はそうなった人を山ほど見ています。
何千人ものメンタル疾患の患者さんを観察して思います。
メンタル疾患の患者さんは、非常に真面目で、勤勉です。
風邪をひいたくらいでは、有給休暇をとらずに、無理してでも出社するタイプ。残業が続いても不満も言わず、とにかく必死に頑張る。
メンタルが不調になっても頑張る。
うつ的な症状が出ているのに、それでも頑張る。
精神科を受診して「中等症以上のうつ病と診断されるので、2週間自宅療養してください」と言われても、「自分がいなければ、今のプロジェクトは進まない。仕事は休めません」と言います。
よく言えば「真面目」「勤勉」「頑張り屋」「仕事熱心」、悪く言えば「不器用」「融通が利かない」「柔軟性がない」ということ。
自分の健康を犠牲にしても、仕事を頑張ろうとするのです。
■「成功」を「健康」より重視すると…
自分の健康を害して、なぜそこまで頑張るのだろう? 
もっと健康を大切にし、睡眠や運動の時間をしっかりとって、盤石(ばんじゃく)な「健康」を築いてこそ、最高のパフォーマンスを発揮できるのに。
そして仕事でも認められ、職場でも信頼される人になれるのに。
そこで私は気付きました。
セロトニン的幸福をないがしろにして、ドーパミン的幸福を目指すと、メンタル疾患や身体疾患に陥るのだと。
幸福になるどころか「不幸」になってしまうのだと。
「健康」に留意し、セロトニン的幸福を達成しながら、緩急をつけながら頑張る。
そうすれば簡単には病気にはなりません。
単に病気にならないというだけではなく、脳や身体のパフォーマンスが今まで以上にアップできれば、圧倒的に大きな結果――仕事の成功やお金、地位、社会的信頼、名声などドーパミン的幸福を得られるのです。
セロトニン的幸福が先。ドーパミン的幸福は後。
「健康」(セロトニン的幸福)を優先して頑張る人が、最後に本当の成功、豊かさを手に入れることができるのです。
■「成功」しても「つながり」を失っては…
今度は、毎日残業続きの仕事人間について考えてみましょう。
夫婦、家族で一緒に食事する時間もなかなかとれない。
さらに、家族(妻子)に対するケアがほとんどないとしたならば、妻から離婚されたり、子供が不登校やひきこもりになったり、非行に走ったりすることもあるでしょう。
「家族のつながり」を軽視して、仕事で頑張りすぎると、ろくなことにはなりません。
どれだけ仕事で成功しても、妻に離婚され、子供からも毛嫌いされてしまっては、「幸せ」とは言えません。
つまり、「つながり」と「成功」では、「つながり」が先で「成功」は後。
「つながり」「人間関係」を無視して、成功を目指して我武者羅に努力しても、その先には「幸せ」は待っていない。
オキシトシン的幸福が先で、ドーパミン的幸福は後なのです。
■心身の「健康」こそが全ての基盤
優先すべき順番がだんだんとはっきりしてきました。
では次に、「つながり」と「健康」ではどうでしょう? 
あなたは仕事も順調で、「家族と一緒に最高に幸せな生活」をしていたとしても、ある日突然、「がん」を宣告されたとしたらどうでしょう。
それでも、「最高に幸せ」と言えますか? 言えませんね。
自分の健康があってこその、「つながり」です。
あるいは、あなたのお子さんに「難病」が見つかったとしたら?
毎日、そのことで頭が一杯になります。
幸せな毎日が、「不安」と「心配」に包まれた毎日に一変するのです。
「健康が大切」という場合、「自分の健康」も大切ですが、「家族の健康」もなければ幸せにはなれません。
メンタル疾患の患者さんに、「家に閉じこもってばかりいないで、たまには友達とお茶にでも行ったらどうですか?」と言うと、
「こんなに調子が悪いのに、人と会えるはずがないです!」と厳しい口調で反論されます。
メンタル疾患になると、「友達と会って30分話す」という、当たり前のコミュニケーションすら困難になります。
あるいは、メンタル疾患になると、「沈没間際の船からネズミがいなくなる」かのように、以前からの友人がサーッといなくなるのです。
セロトニン的幸福を失うと、連鎖的にオキシトシン的幸福も失います。
夫婦、パートナー、親子の愛情。友人、仲間とのつながり。
全て、あなたの「健康」があってこそ成立します。
つまり、「健康」が先で、「つながり」が後。
セロトニンが先で、オキシトシンが後なのです。
■全ての幸せを手に入れるための「幸せの三段重理論」
これで幸福な人生にアプローチするための手順が明らかになりました。
セロトニンが先、ドーパミンが後。セロトニンが先、オキシトシンが後。
オキシトシンが先、ドーパミンが後。
これを図にまとめると、図表1のようになります。
「セロトニン→オキシトシン→ドーパミン」の順番に積み上げていかなくてはいけない、ということです。
セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福は、建築における「基礎」「土台」と考えるとわかりやすいでしょう。
「基礎」がしっかりしていないと、高い建物は建ちません。
高層ビルを建てる場合は、数十メートルの鉄骨を埋め込むと言います。
基礎がしっかりとしていれば、高い建物が建つ。
セロトニン・オキシトシン的幸福の「幸福の基礎」がしっかりと固まっていれば、その上にドーパミン的幸福は、高層ビルのようにいくらでも積み上げていくことができます。
セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福を盤石にして、ドーパミン的幸福を積み上げていく。
結果として、セロトニン的幸福、オキシトシン的幸福、ドーパミン的幸福の3つの幸福、全てを手に入れることができる。
これが、「幸せの三段重理論」です。
樺沢 紫苑(かばさわ・しおん)精神科医
作家。米・イリノイ大学への留学を経て樺沢心理学研究所を設立。
YouTubeやメルマガで精神医学の情報を発信。
著書に『学びを結果に変えるアウトプット大全』『精神科医が教える ストレスフリー超大全』ほか。
〔2021年4/7(水) プレジデントオンライン〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス