カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


特別養護老人ホーム愛生苑

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 東京都 > 多摩市 > 特別養護老人ホーム愛生苑

特別養護老人ホーム愛生苑

所在地 〒206-0001 東京都多摩市和田1547番地
TEL 042-376-3555
FAX 042-376-3530
e-mail goka@yamatokai-tokyo.or.jp

介護職のこだわりユニホームを表彰 グランプリに愛生苑 グランプリの愛生苑のユニホーム(左は中村さん)
高齢者施設職員のユニホームのおしゃれ感、オリジナリティー、コンセプトなどを審査し表彰するイベントが2日に都内で開かれ、グランプリに特別養護老人ホーム愛生苑(社会福祉法人大和会、東京都多摩市)が選ばれた。
近隣の服飾大学の学生が施設を見学し、介護のイメージからデザインした。
胸元に「愛」を象徴するハートのロゴマーク、背面に「愛を生む職員」という意味を込めて英字が印字されている。
色はピンクと紺の2種類。
同苑職員の中村慶子さんは「明るい色で利用者さんが喜んでくれる。話のきっかけにもなる」と受賞を喜んだ。
イベントは東京都社会福祉協議会高齢者福祉施設協議会が、介護職のイメージアップを図ろうと企画。
応募25団体からグランプリほか、準グランプリ、審査員特別賞、グッドアイデア賞で計6団体が選ばれ、同日の表彰式でユニホームを着てランウェーを歩いた。
受賞したユニホームは、脱ジャージ化を目指したギンガムチェック柄のもの、背中がメッシュ素材になっていてポケットが多く全6色あるもの、スポーツブランドで外出先でも周りに溶け込めるもの、スカーフ(災害時に包帯やひもとして使用できる)がセットになったものなど、各施設の考えや思いが込められている。
審査委員長を務めた藤田恵子・東京家政学院大教授は「これからの介護を担う若い人たちの意見は大事。ユニホームはどう映るのか、まで考えられると良い」と講評した。
〔福祉新聞 2017年02月22日〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス