カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


私語の禁止

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 埼玉県 > 桶川市 > 私語の禁止

私語の禁止

所在地 埼玉県桶川市
TEL
FAX

担任に休み時間の離席、友人との私語を禁止され不登校に…元生徒と市が和解
担任教諭からの不適切な指導が原因で不登校となったとして、埼玉県桶川市立桶川西中学校の元男子生徒が市に300万円の損害賠償を求めていた訴訟は、さいたま地裁(岡部純子裁判長)で和解が成立した。
7月1日付。市が元生徒に解決金60万円を支払うほか、精神的苦痛を与えたことを謝罪する。
訴状によると、元生徒は中学1年生だった2016年4月、友人に男子トイレの個室に連れ込まれた。
担任教諭は元生徒がトイレをのぞいたと誤解し、休み時間にトイレや授業準備以外の離席を禁じたほか、友人との一切の私語を禁止し、3日間の居残り掃除を命じた。
生徒はストレスで過敏性腸症候群になり、不登校となったと主張していた。
〔2020年9/6(日) 読売新聞オンライン〕

中学生が桶川市を提訴「教諭が生徒に思い込みで注意、友人との私語など禁止…ストレスで体調崩し不登校に」
さいたま地方裁判所=さいたま市浦和区高砂
担任教諭の思い込みで罰を受け、そのストレスで不登校になったとして、埼玉県桶川市の中学3年の男子生徒が市に慰謝料など300万円の支払いを求めてさいたま地裁に提訴し、同地裁で26日、口頭弁論が開かれた。
市側は争う姿勢を示している。
高校教諭を逮捕 車内で10代女性にわいせつ行為の疑い 教育実習で知り合い、相談などやりとり/飯能署
訴状などによると、男子生徒が中学1年だった2016年4月、トイレで友人とふざけあっていたところ、担任が事実確認をしないで男子生徒だけを注意。
必要な時を除いて教室の席から離れたり、友人との私語を禁じたりするなどしたという。
男子生徒はその後、ストレスなどから過敏性腸症候群などになり、不登校になり、生徒側は「耐え難い精神的苦痛をもたらすものだった」と主張している。
市教委は取材に、「不適切な指導ではあったが、体罰ではない」としている。
〔2018年7/26(木)埼玉新聞〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス