カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


練馬区の要支援家庭ショートステイ

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 子どもの虐待のニュース > 練馬区の要支援家庭ショートステイ
Icon-path.jpg メインページ > 東京都 > 練馬区 > 練馬区の要支援家庭ショートステイ

練馬区の要支援家庭ショートステイ

所在地 東京都練馬区
  

練馬区 虐待恐れの児童、最大2週間預かり
東京都練馬区は今冬にも、虐待を受ける恐れのある児童を短期間預かる事業を始める。
預かり機能を備える施設で最大2週間預かる。
育児の不安や疲れなどから虐待しかねない保護者の負担を和らげ、子供の心身の健康を守る狙いだ。
「要支援家庭ショートステイ事業」で、民間の養育施設などで預かる予定だ。
利用対象者は、区の担当者が家庭訪問などで家庭状況を確かめ、子供を虐待する恐れのある「要支援家庭」と認めた世帯に限る。
費用は区が全額を負担する。
東京23区では、各区が虐待に対応する児童相談所(児相)を独自に開設しようとする動きが広がっている。
一方、練馬区は「専門人材の確保など、区単独での運用は難しい」などの理由で、区立の児相には否定的な立場だ。
同区は都による児相の活動に加えて、区独自の預かり施設を運用することで、児童虐待の防止体制を手厚くする。
〔◆平成29(2017)年4月27日 日本経済新聞 電子版〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス