カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


LINEいじめ

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

LINEいじめ

リアルのすれ違いからLINEいじめが加速 2人自殺した事件も
あからさまないじめを苦に自殺する母親も(写真/PIXTA)
ママ友同士のコミュニケーションにLINEを活用している人も多いだろう。
しかし、そこには“LINEいじめ”という闇が潜んでいる。
リアルでのすれ違いがSNSで加速し、社会を騒然とさせる事件に発展するケースもあった。
5年前に起きた事件では、LINEいじめを苦にして立て続けに2人の母親が自殺している――。
栃木県の佐野市にある児童数70人ほどの小さな小学校に子供を通わせる母親2人が、相次いで自殺したのは2015年4月のことだった。
1人は自宅で首を吊り、小4の愛娘に発見された。
親しかったママ友は葬儀で、その娘を「代わりに守ってあげるからね」と弔辞を述べたが、今度はそのママ友が約1週間後に首を吊って後を追った。
背景には、子供たちへのいじめがあった。
「2人の母親の子供は、所持品を隠されるなどのいじめを受け、不登校になりました。
看過できないと、2人の母親はいじめていた児童の母親に『やめてほしい』と改善を促していたところ、ママ友たちの間で孤立するようになったのです。
面と向かって『母親失格』『育て方が悪い』などと言われるほか、ママ友のLINEグループで、5人のママ友から2人の母親が執拗に攻撃されるようになったんです。
市の教育委員会もLINE上での陰口の存在を確認していました」(学校関係者)
このような、誰も幸せにならない悲しい事件があったのにもかかわらず、全国の子を持つ母親のスマホの中は、今日も憎しみと悲しみが幾重にも重なっている。
娘をバレエ教室に通わせる40代の主婦・A子さんは、LINEグループで針のむしろを味わっている最中だ。
そのLINEグループの中心人物は、教室の在籍年数も長く、類まれなセンスも持ち合わせた女の子の母親だった。
「その子のママが、ほかの子は出られない上級者の発表会の様子などをLINEグループに投稿すると、瞬く間に称賛の言葉が並びました。
ところがあるとき、ひょんなことから、その子ではなくうちの娘が主役に大抜擢されたのです」(A子さん)
すると、親しくしていたママ友の1人から、個人的に忠告が届いたという。
《大役おめでとうございます。でも、あんまり舞い上がってはしゃぎすぎないようにね。ほんと、気をつけてね》
A子さんはそのことが常に気になっていた。しかし、衣装合わせでの愛娘があまりにもかわいらしかったため「こんな衣装を着ることになりました」と、LINEグループでお披露目。無視はその瞬間から始まった。
「気づくとLINEグループの名前も『○○バレエ教室○○期母の会』から『姫とその他大勢』に変えられていました。
居心地が悪く、会話に参加せずにいたら『下々とはつきあえないんですね』と嫌みを言われて…」(A子さん)
忠告してくれたママ友に相談すると、とにかく耐えるようにとアドバイスされた。
「教室の先生に相談したら火に油を注ぐだけと言われました。
この仕打ちに耐えた人しかバレエ教室の上位には残っていないそうなのです」(A子さん)
いっそのこと抜けたいが、教室に関する連絡事項もこのLINEグループで知らされるため、見ないわけにはいかないという。
「ほとぼりが冷めるまで、耐える日々です」(A子さん)
※女性セブン2020年9月17日号
〔2020年9/8(火) NEWS ポストセブン〕

「いじめへの危機感乏しい」学校の対応厳しく批判 調査報告書
京都府庁
2017年に京都府立高付属中で生徒がいじめで不登校になった問題を調べていた調査委員会は25日、調査報告書を発表した。
同級生による2件の言動をいじめと認定したほか、学校が早期に適切な対応をしなかったとして「いじめへの感度が低く、危機感も乏しかった」と厳しく批判した。
報告書では、生徒が昨年6~9月に体育系部活動でのプレーを巡って同級生1人から無料通信アプリLINE(ライン)を使って批判されていたことなどをいじめと認定した。
ほかに、鞄に落書きされたり、足を引っかけられたりしたことなど、生徒が受けたとする10件も調べたが事実関係を確認できず、いじめとは判断できなかった。
学校の対応については、同9月に保護者から連絡を受けたのに、校内にいじめ対策委員会を設置したのは同10月だったことなどを踏まえ、「生徒同士のトラブルと認識し、対応が後手に回った」と指摘した。
生徒は同10月以降、不登校が続いている。
欠席期間が30日以上のため、学校がいじめ防止対策推進法に基づく重大事態として学識者でつくる調査委員会を今年3月に設置した。
同日、京都市上京区の府庁で記者会見した調査委の大畑好司委員長(臨床心理士)は「当初の段階から組織的な対応をすべきだった。再発防止につなげてもらいたい」と述べた。
〔2018年12/25(火) 京都新聞〕

中学でいじめ受け不登校、京都
京都府教育庁は25日、府立高付属中の生徒が同級生からいじめを受け、2017年秋から不登校になったとする第三者委員会の調査報告書を公表した。
学校は保護者からの申告を受けてから1カ月放置しており、報告書は「いじめへの感度が低く、危機感も乏しかった」と批判した。
生徒は17年6~8月、同じ運動部の同級生から、無料通信アプリLINEで、練習態度を厳しい言葉で何度も責められた。
異変に気付いた母親が9月、学校に申し出たが「生徒同士のトラブル」として扱われた。
生徒は休みがちになり、その間も更衣室で悪口を言われるなどの被害を受け、10月中旬から不登校になった。
〔2018年12/25(火) 共同通信〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス