カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


つくば市の不登校児童生徒学習支援事業

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(ページの作成:「{{topicpath | メインページ > ひきこもり周辺ニュース > [[:Category:|◎]] > {{PAGENAME}} }} {{topi...」)
 
 
1行: 1行:
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:ひきこもり周辺ニュース|ひきこもり周辺ニュース]] > [[:Category:|]] > {{PAGENAME}} }}
+
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:ひきこもり周辺ニュース|ひきこもり周辺ニュース]] > [[:Category:不登校のニュース|不登校のニュース]] > {{PAGENAME}} }}
 
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:茨城県(地域)|茨城県]] > [[:Category:つくば市(茨城県)|つくば市]] > {{PAGENAME}} }}
 
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:茨城県(地域)|茨城県]] > [[:Category:つくば市(茨城県)|つくば市]] > {{PAGENAME}} }}
  
 +
 +
==つくば市の不登校児童生徒学習支援事業==
 
<table class="wikitable shousai-table">
 
<table class="wikitable shousai-table">
 
<tr>
 
<tr>
16行: 18行:
 
</table>
 
</table>
  
===[[:Category:周辺ニュース|周辺ニュース]]===
 
ページ名[[つくば市の不登校児童生徒学習支援事業]]、茨城県つくば市(不登校のニュース) <br>
 
 
'''学校建設などで過去最大885億円 茨城・つくば市2年度当初予算案'''<br>
 
'''学校建設などで過去最大885億円 茨城・つくば市2年度当初予算案'''<br>
 
茨城県つくば市は、令和2年度当初予算案を発表した。<br>
 
茨城県つくば市は、令和2年度当初予算案を発表した。<br>
30行: 30行:
 
〔2020年2/6(木) 産経新聞〕 <br>
 
〔2020年2/6(木) 産経新聞〕 <br>
  
[[Category:ひきこもり周辺ニュース|つくばしのふとうこうじどうせいとがくしゅうしえんじぎょう]]
+
[[Category:不登校のニュース|つくばしのふとうこうじどうせいとがくしゅうしえんじぎょう]]  
[[Category:|つくばしのふとうこうじどうせいとがくしゅうしえんじぎょう]]  
+
 
[[Category:茨城県(地域)|つくばしのふとうこうじどうせいとがくしゅうしえんじぎょう]]  
 
[[Category:茨城県(地域)|つくばしのふとうこうじどうせいとがくしゅうしえんじぎょう]]  
 
[[Category:つくば市(茨城県)|つくばしのふとうこうじどうせいとがくしゅうしえんじぎょう]]
 
[[Category:つくば市(茨城県)|つくばしのふとうこうじどうせいとがくしゅうしえんじぎょう]]

2020年2月12日 (水) 18:35時点における最新版

Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 不登校のニュース > つくば市の不登校児童生徒学習支援事業
Icon-path.jpg メインページ > 茨城県 > つくば市 > つくば市の不登校児童生徒学習支援事業


つくば市の不登校児童生徒学習支援事業

所在地 茨城県つくば市
TEL
FAX

学校建設などで過去最大885億円 茨城・つくば市2年度当初予算案
茨城県つくば市は、令和2年度当初予算案を発表した。
つくばエクスプレス(TX)沿線の人口増加に伴う学校建設などで、一般会計は885億2500万円(前年度比0・6%増)、特別会計と水道事業会計などの総額も1488億875万円といずれも過去最大となった。
歳入では、人口増加で個人市民税が前年度比で5・1%増の183億566万円、固定資産税は同3・2%増の213億6306万円を見込んでいる。
歳出では、TX沿線の人口増加に伴う小中学校の建設費や増築費用など教育費ががかさんだ。
みどりの地区への小学校新設での土地購入などに11億5275万円、研究学園地区へ新設する小中学校の設計などに1億2797万円、小中学校の校舎増築に8億5409万円などを盛り込んだ。
五十嵐立青(たつお)市長は6日の記者会見で、「(9年間の義務教育を一貫して行う施設一体の)義務教育学校は新設しない。
学校の統廃合も考えていない」と述べ、児童生徒への良好な教育環境整備を優先する考えを示した。
主な事業としては、県内初となる民間事業者と行政が共同で不登校やひきこもりの児童・生徒に学びの場を提供する「不登校児童生徒学習支援事業」1216万円、中心市街地との格差が進む周辺市街地の活性化のため「地域拠点活力共創マネジメント事業」1760万円-など。
五十嵐市長は「持続可能な街づくりを目指した予算になった」と強調した。
〔2020年2/6(木) 産経新聞〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス