カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


中年ひきこもり

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(ページの作成:「{{topicpath | メインページ > ひきこもり周辺ニュース > [[:Category:|◎]] > {{PAGENAME}} }} ===[[...」)
 
 
1行: 1行:
 
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:ひきこもり周辺ニュース|ひきこもり周辺ニュース]] > [[:Category:|◎]] > {{PAGENAME}} }}
 
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:ひきこもり周辺ニュース|ひきこもり周辺ニュース]] > [[:Category:|◎]] > {{PAGENAME}} }}
 +
 +
===[[:Category:周辺ニュース|周辺ニュース]]===
 +
ページ名[[中年ひきこもり]]、(ひきこもりの動き、8050問題) <br>
 +
'''"親にタカる"中年引きこもりが消えない訳'''<br>
 +
■親子間の犯罪に警察は消極的<br>
 +
70代の元農林水産省事務次官が、引きこもりだった40代の息子を刺殺して逮捕された。<br>
 +
容疑者の供述によると、息子から家庭内暴力を受けていたという。<br>
 +
だからといって殺人は許されないが、加害者となった親にも被害者の一面があったことは否めない。<br>
 +
近年、80代の年金生活者が50代の子を養う「8050」が社会問題化している。<br>
 +
子どもや中年の引きこもり現場に詳しい証拠調査士の平塚俊樹氏が、その実態を語る。<br>
 +
「いじめやレイプなど凄惨な事件をきっかけに不登校になる子どもは少なくありません。<br>
 +
その意味で、引きこもりの子は被害者です。<br>
 +
しかし、成人後も自立の意思を見せずに親にタカるようになると、もはや一方的な被害者とは言えない。<br>
 +
親のクレジットカードを勝手に使ってインターネットで買い物をしたり、気に入らないことがあると暴力をふるうなど、加害者として家族を悩ませるケースも多い」<br>
 +
原則的に、親子間でも犯罪は成立する。親を殴れば暴行罪にあたるし、「殺すぞ」と脅せば脅迫罪だ。<br>
 +
ただ、親子間の場合、警察は簡単に動いてくれない。<br>
 +
「法は家庭に入らず」という法思想があり、家族間のトラブルは法が介入するより家族内で解決すべきだという考えが強いからだ。<br>
 +
「実際、痴漢や事故、殺人で多忙な警察はまず動きません」<br>
 +
顕著なのは、お金に関する犯罪だ。刑法には「親族相盗例」の規定があり、窃盗や詐欺、恐喝など一部の犯罪については、それが親族間で起きた場合、刑が免除される(刑法244条1項)。<br>
 +
中年の引きこもりが親の年金を盗んだり、カードで勝手に買い物しても、子が処罰を受けることはない。<br>
 +
■事件化するより相談窓口を活用<br>
 +
法による介入が期待できないとしたら、親はこうした子どもからどうやって自分の財産や体を守ればいいのか。<br>
 +
「クレジットカードは、番号とセキュリティコードを見られて好き勝手に使われるおそれがあります。<br>
 +
最初からつくらないか、つくっても家に持ち込まないのが原則です」<br>
 +
家庭内暴力があれば、やはり警察の力を借りたい。ただし、やり方には工夫が必要だ。<br>
 +
「いきなり110番して事件化しようとすると、警察は及び腰になります。<br>
 +
緊急でなければ、まずは警察の住民相談窓口で相談しましょう。<br>
 +
警察では敷居が高いと感じるなら、市役所の市民相談や法務省の人権相談でもいい。<br>
 +
行政の窓口に相談すれば、NPOや自立支援業者を紹介してくれるなど、何かしらのアドバイスを受けられるはずです」<br>
 +
法は家庭に入らずといったが、DV防止法や児童虐待防止法など、家庭内における犯罪行為に積極的に介入する法律もあり、最近は国による介入や支援が強化される傾向にある。<br>
 +
親が子から受ける被害についても同じような法の手立てがあれば、警察や関係機関も動きやすい。悲劇が繰り返されないように、迅速な対応を望みたい。<br>
 +
ジャーナリスト 村上 敬 答えていただいた人=平塚エージェンシー 証拠調査士 平塚俊樹 図版作成=大橋昭一<br>
 +
〔2019年7/22(月) プレジデントオンライン〕 <br>
  
 
===[[:Category:周辺ニュース|周辺ニュース]]===
 
===[[:Category:周辺ニュース|周辺ニュース]]===

2019年8月16日 (金) 16:30時点における最新版

Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > [[:Category:|◎]] > 中年ひきこもり

周辺ニュース

ページ名中年ひきこもり、(ひきこもりの動き、8050問題)
"親にタカる"中年引きこもりが消えない訳
■親子間の犯罪に警察は消極的
70代の元農林水産省事務次官が、引きこもりだった40代の息子を刺殺して逮捕された。
容疑者の供述によると、息子から家庭内暴力を受けていたという。
だからといって殺人は許されないが、加害者となった親にも被害者の一面があったことは否めない。
近年、80代の年金生活者が50代の子を養う「8050」が社会問題化している。
子どもや中年の引きこもり現場に詳しい証拠調査士の平塚俊樹氏が、その実態を語る。
「いじめやレイプなど凄惨な事件をきっかけに不登校になる子どもは少なくありません。
その意味で、引きこもりの子は被害者です。
しかし、成人後も自立の意思を見せずに親にタカるようになると、もはや一方的な被害者とは言えない。
親のクレジットカードを勝手に使ってインターネットで買い物をしたり、気に入らないことがあると暴力をふるうなど、加害者として家族を悩ませるケースも多い」
原則的に、親子間でも犯罪は成立する。親を殴れば暴行罪にあたるし、「殺すぞ」と脅せば脅迫罪だ。
ただ、親子間の場合、警察は簡単に動いてくれない。
「法は家庭に入らず」という法思想があり、家族間のトラブルは法が介入するより家族内で解決すべきだという考えが強いからだ。
「実際、痴漢や事故、殺人で多忙な警察はまず動きません」
顕著なのは、お金に関する犯罪だ。刑法には「親族相盗例」の規定があり、窃盗や詐欺、恐喝など一部の犯罪については、それが親族間で起きた場合、刑が免除される(刑法244条1項)。
中年の引きこもりが親の年金を盗んだり、カードで勝手に買い物しても、子が処罰を受けることはない。
■事件化するより相談窓口を活用
法による介入が期待できないとしたら、親はこうした子どもからどうやって自分の財産や体を守ればいいのか。
「クレジットカードは、番号とセキュリティコードを見られて好き勝手に使われるおそれがあります。
最初からつくらないか、つくっても家に持ち込まないのが原則です」
家庭内暴力があれば、やはり警察の力を借りたい。ただし、やり方には工夫が必要だ。
「いきなり110番して事件化しようとすると、警察は及び腰になります。
緊急でなければ、まずは警察の住民相談窓口で相談しましょう。
警察では敷居が高いと感じるなら、市役所の市民相談や法務省の人権相談でもいい。
行政の窓口に相談すれば、NPOや自立支援業者を紹介してくれるなど、何かしらのアドバイスを受けられるはずです」
法は家庭に入らずといったが、DV防止法や児童虐待防止法など、家庭内における犯罪行為に積極的に介入する法律もあり、最近は国による介入や支援が強化される傾向にある。
親が子から受ける被害についても同じような法の手立てがあれば、警察や関係機関も動きやすい。悲劇が繰り返されないように、迅速な対応を望みたい。
ジャーナリスト 村上 敬 答えていただいた人=平塚エージェンシー 証拠調査士 平塚俊樹 図版作成=大橋昭一
〔2019年7/22(月) プレジデントオンライン〕

周辺ニュース

ページ名中年ひきこもり、(ひきこもりの動き、8050問題)
長期化する「引きこもり」どう向き合う 8050問題を生んだ「縛られる社会」
今年5月28日、川崎市で通学途中の小学生が襲われ、20人が死傷した。(撮影・朝日新聞社)
「8050問題」と呼ばれる、長期化した引きこもり当事者の存在が、最近大きく注目されています。
今年5月に川崎市で起きた、51歳の男性がスクールバスを待つ小学生ら20人を殺傷した事件や、直後に元農水事務次官が44歳の長男を殺害した容疑で逮捕された事件などでも、背景として指摘されました。
新しいようで古い問題、私たちはどう向き合えばいいのでしょうか。(吉野太一郎) 川崎の事件「偏見が一気に広がった」
7月24日、東京の日本記者クラブで、この問題と向き合ってきた2人が会見しました。
厚労省の定義では、引きこもりとは「仕事や学校にいかず、家族以外とほとんど交流せず、6カ月以上続けて自宅に閉じこもっている状態」を指します。
十数年にわたって取材してきたジャーナリストの池上正樹さんは、「自分の価値観を守るため、自死ではなく生き続けることを選んだのであり、年代にかかわらず、誰もが引きこもりになりうる」と説明します。
池上さんはさらに、川崎市の通り魔殺傷事件で、川崎市が容疑者の家庭事情を詳細に説明したことについて、「『引きこもりが事件を起こす』という偏見が一気に広がった」と指摘しました。
「人物像を事細かに説明する行政の言い分に乗って、メディアもそれを拡散した。
テレビのコメンテーターらが『死ぬなら一人で死ねばいい』『モンスター予備軍』などと発言したことで、当事者を抱える家族は世間の敵意が向けられ、精神的に追い込まれました。
しかし本当のモンスターは、偏見を拡散したテレビ、あるいは世間の人たちではなかったでしょうか」
池上さんは引きこもりについて、「人を傷つけたり、傷つけられたりすることを回避し続け、人に迷惑をかけまいと人間関係が遮断状態になった状態。
理由や背景は様々で、引きこもっているからと言って、理由なく無関係な人に危害を加えるということは考えにくい」と話します。
その上で、これまでの行政の「引きこもり支援」が、就労支援や職業訓練という、本人の努力や成果を求める方式に偏っていたため、多くの取りこぼしを生んだと批判。
「成果を出すことが目的の支援ではなく、当事者の思いを受け止め、本人が生きる意欲を持てるような居場所づくりが必要」と訴えました。
「お互い様の社会、どうつくる」
KHJ全国ひきこもり家族会連合会の共同代表を務める伊藤正俊さんは20年前、不登校になった娘を何とか学校に戻そうとしました。
しかし、同じような境遇の家族や当事者と意見交換を重ねるうち「『学校に戻したい』という意識は、子どもではなく、自分の問題ではないか」と考えるようになったといいます。
「人は一人一人違うと言いながら、私たちは『学校に行かなくちゃ』『こんな生き方をしなくちゃ』という思いに縛られています。
引きこもり当事者に話を聞くと、多くが『自分は絶対に正社員になる』と思っているんです。
そのぐらい、人間に刷り込まれた価値観は強固です」(伊藤さん)
伊藤さんはそう述べた上で、今後、私たちがこの問題とどのように向き合っていくべきか、次のように話しました。
「引きこもりは特別な問題ではない。
引きこもっている人たちは同情すべきものではなく、その人たちの生き方を選んでいます。
それをどう社会が受け止めていくのか、突きつけられています。
ではどうしたらいいのか。お金持ちであろうが貧乏であろうが、特別な人はいないんだ。
そのような価値観に立って『お互い様』の社会をどうつくっていくか。ここが知恵の出しどころではないでしょうか」
注|8050問題:80代の親が、50代の引きこもり当事者と暮らす状況。
「7040問題」とも呼ばれる。社会の一線を退いた親と、家族以外に交友関係のない子どもが、家族として孤立した状態に陥るケースが報告されている。
内閣府は今年、引きこもりの40~64歳が、約61万3000人いると推定する、初の調査結果を発表した。
〔2019年7/26(金) 吉野太一郎 DANRO〕
[[Category:|ちゅうねんひきこもり]]

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス