カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


前橋市中学2年の長女殺人未遂

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(ページの作成:「{{topicpath | メインページ > ひきこもり周辺ニュース > [[:Category:|◎]] > {{PAGENAME}} }} {{topi...」)
 
 
(1人の利用者による、間の1版が非表示)
1行: 1行:
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:ひきこもり周辺ニュース|ひきこもり周辺ニュース]] > [[:Category:|]] > {{PAGENAME}} }}
+
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:ひきこもり周辺ニュース|ひきこもり周辺ニュース]] > [[:Category:事件事故|事件事故]] > {{PAGENAME}} }}
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:前橋市(地域)|前橋市]] > {{PAGENAME}} }}
+
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:群馬県(地域)|群馬県]] > [[:Category:前橋市(群馬県)|前橋市]] > {{PAGENAME}} }}
  
 +
==前橋市中学2年の長女殺人未遂==
 
<table class="wikitable shousai-table">
 
<table class="wikitable shousai-table">
 
<tr>
 
<tr>
 
<th>所在地</th>
 
<th>所在地</th>
 
<td>前橋市</td>
 
<td>前橋市</td>
</tr>
 
<tr>
 
<th>TEL</th>
 
<td></td>
 
</tr>
 
<tr>
 
<th>FAX</th><td></td>
 
 
</tr>
 
</tr>
 
</table>
 
</table>
  
===[[:Category:周辺ニュース|周辺ニュース]]===
 
ページ名[[前橋市中学2年の長女殺人未遂]]、前橋市(事件事故) <br>
 
 
'''殺意認めるも心神耗弱を認定 長女殺害未遂の母親に保護観察付き猶予刑 前橋地裁で判決'''<br>
 
'''殺意認めるも心神耗弱を認定 長女殺害未遂の母親に保護観察付き猶予刑 前橋地裁で判決'''<br>
 
前橋地裁 <br>
 
前橋地裁 <br>
35行: 27行:
 
〔2020年2/6(木) 上毛新聞〕 <br>
 
〔2020年2/6(木) 上毛新聞〕 <br>
  
[[Category:ひきこもり周辺ニュース|まえばししちゅうがく2ねんのちょうじょさつじんみすい]]  
+
[[Category:事件事故|まえばししちゅうがく2ねんのちょうじょさつじんみすい]]  
[[Category:|まえばししちゅうがく2ねんのちょうじょさつじんみすい]]  
+
[[Category:群馬県(地域)|まえばししちゅうがく2ねんのちょうじょさつじんみすい]]
[[Category:前橋市(地域)|まえばししちゅうがく2ねんのちょうじょさつじんみすい]]
+
[[Category:前橋市(群馬県)|まえばししちゅうがく2ねんのちょうじょさつじんみすい]]
 +
[[Category:上毛新聞|まえばししちゅうがく2ねんのちょうじょさつじんみすい]]

2020年2月12日 (水) 18:25時点における最新版

Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 事件事故 > 前橋市中学2年の長女殺人未遂
Icon-path.jpg メインページ > 群馬県 > 前橋市 > 前橋市中学2年の長女殺人未遂

前橋市中学2年の長女殺人未遂

所在地 前橋市

殺意認めるも心神耗弱を認定 長女殺害未遂の母親に保護観察付き猶予刑 前橋地裁で判決
前橋地裁
前橋市内の自宅で中学2年の長女=当時(14)=の首を絞めて殺そうとしたとして、殺人未遂の罪に問われた母親(52)の裁判員裁判の判決公判が5日、前橋地裁であった。
国井恒志裁判長は「突発的だが、確定的殺意があった」と殺意を認定した上で、犯行時はうつ病による心神耗弱だったとして、
懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑・懲役5年)を言い渡した。
◎裁判長「家族で力を合わせて」説諭
国井裁判長は判決理由で、抵抗する長女が動かなくなるまで首を強く絞め続けたことから強固な殺意があったと認定。
「暴力から逃れたい」「長女を楽にしてあげたい」という動機には「同情の余地はあるものの、殺害行為という手段を選んだことは短絡的で非難を免れない」とした。
弁護側の「心神喪失だった」との主張は退けたものの、心神耗弱だったと判断した。
その理由として2018年5月以降、長女から断続的に暴力を受け続け、不登校の長女との生活を過度に悲観していたことなどを挙げ、
「衝動のコントロールや思考力がかなり低下していた」と述べた。
判決言い渡し後、国井裁判長が「14歳の未来を奪った。
被害者の回復に向け、家族で力を合わせて頑張ってほしい」と説諭すると、被告は「はい」と小さな声でうなずいた。
判決によると、昨年1月8日午後4時15分ごろ、
自宅で殺意を持って充電器コードで長女の首を絞め、全治不明の意識障害や脳梗塞などを負わせた。
〔2020年2/6(木) 上毛新聞〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス