●文通番号9-23  いじめについて

オーパーツ 〔福島県いわき市 男 28歳〕

 私は3年間のひきこもりの後、信仰をよりどころに土台づくりを今も続けています。そして今の仕事をしながらたくさんの人と関わりたい気持ちも出始め、社会復帰もそろそろかなと思っていたやさき、職場で大きな問題を起こしました。

 それまでは職場の人たちと楽しく雑談などは全くできず、ただただロボットのように事務的に仕事をこなしていました。(まわりの人いわくですが……)。

 ところがだんだん人と人間的に関わりたい気持ちが出始めると、職場の中の誰か一人を明らさまに標的にしたくなってきたのです。

 私は義理の兄が経営する職場で一応まわりの理解の元で働いています。そのため最初は相手の不充分さのせいにして、あの人とは関わりたくないと兄に訴えて、結局やめてもらったりしていました。ところが、代わりに新しい人が入ってくるととたんにその人の行動が気になり出し、またイライラしてくるのです。

 そんなことを何度か繰り返すなかで、兄も自分でも明らかに相手のせいではないと気づき始めました。

 最後の頃は新しい人がまた来ると聞いただけで意識し出し、ああまた標的にするのかと自分でもかなり憔悴する思いでした。明らかに自分のなかに自分の意思をこえて、誰かを標的にしないといられない、いじめないと気がすまないという思いがいすわっているのです。

 これでは職場をやめざるをえないと焦り、どうして標的を作りたくなるのかその原因を必死で探りました。一般のいろいろな人たちと関わる仕事(レントゲンをとること)がストレスなのか?職場が10人ぐらいの狭い世界だからか?子どものいじめのようにまだまだ未熟だからか?分析していく中で本質が見えてきました。それは私にとって昔からずっと抱えていた問題だったということです。

 多くのひきこもりの人同様、私も昔は母親や他人に気に入られようとずっと「いい子」を演じてきました。そして人前で自分の悪い面はほとんど出していないと思っていましたが、実は違っていました。

 小さい頃は自分より弱そうな子をずっといじめていたし、小学校半ばでいじめていた相手に逆襲されてからは、優等生意識に転じました。

 そして成績がよかったこともあり、自分は他人と違う特別な人間だと高校までずっと思っていました。そして大学で自分が凡人に思えてくると、また自分より状況の悪い子(学校に来ない人や留年した人など)を見つけて、「あいつより自分の方がましだ」と差別意識をもちました。

 つまり常に自分より下の人がいないとダメなのです。自分の存在意義がないのです。明らかにいじめの論理構造です。そしてそれはもちろん「いい子」ぶっていたことの反動、二重人格の裏の顔です。

 とすればやはり原因は、「いい子でいいなり」を強要された母親とのいじめ的関係にどうしてもいきつきます(自分の意思をこえてという意味でも)。

 そもそも言いなりの子どもということに関して、世間の認識はかなり間違っているように思います。そうなったのは母親が甘やかしたり先取りしてやってしまうため、子どもの自発性が育たないからだとよく言われています。

 しかし栃木の集団リンチ殺人事件、新潟の少女監禁事件、5000万円かつあげされた少年など、どれも激しいリンチ暴行を受け、反抗する力を奪われて精も根も尽き果てて、最終的に自分を殺し、言いなりになってしまったわけです。

 人が他人に対し自分を殺し、言いなりになってしまうということが、どれほど激しい心の傷を受けた結果かという事を想像してみてほしいと思います。

 まさに子どもが親に対して何も言えないでいい子ぶるというのは、そこに親子間の目に見えないいじめ虐待があったことを証明しているようなものです。自分の経験上、3歳くらいまでずっと殺される恐怖や地獄の苦しみが続いていたことが漠然と記憶にあります。ひきこもりの人の共通認識だと思います。

 ともかくいじめの問題でよくいじめられる側にも問題があると言われますが、それは前述のようにいじめられる人にも根底にどこか差別意識があって、それが学校の人間関係のなかで無意識に働いてしまう側面がかなりあると思います。いじめる側も同様だと思いますが。

 どうして学校でこんなにいじめが起こるのか、はっきりとした原因究明はなされていないと思うのですが、いじめがこれだけ社会現象化したのも、ひきこもりも、動機なき凶悪犯罪も、どれも母子関係のいじめ虐待の延長上にあるような気がしてくる今日この頃です。

 そして、ひきこもり(土台がない、自分がない)状態から社会復帰への道がはるかにけわしいことも痛感させられる毎日です。

☆ ☆ ☆

WordPress Themes