Category: 未分類

うつっぽい人の気持ちの通訳みたい Y.Y

  私はひきこもりではありません。たまたま知り合った人が、なんとなくうつ病みたいな感じがあって、こういう人たちと今までまったく接点がなかったからどう対処していいのかわからず、この本に興味を持ちました。 もともと最初はうつ病っぽくなくて普通の人だったから知り合ったのです。仕事、親の介護などいろんなことが重なり、心身ともに疲れてしまった状態だと思います。

ある日家に訪ねていくと車があるので「家にいるんだ」と思い、ドアをコンコンとたたいたのですが出てきません。 しばらく自分の車の戻り出てくるのを待っていましたが反応なし。普通なら「バカ、ボケ、死ね!」なんて思ってしまうところ、『ひきこもり国語辞典』の「ピン留め」という意味を知って、とても頭にス~ッと入ってきました。 それじゃあ無理なのかなぁ、普通の対応じゃないから、こちらもへこんでいるのですが、気持ちが!

よく病気の人を理解するために、心の電話相談、自殺防止など3件ほどかけましたが、どれもピンときませんでした。話を聞いてもらえるだけで良しとするところなのでしょうか? それと内科の先生と精神科の先生を知っているというので電話をかけて、私の問題じゃないけれど病気の人について知りたいと言ったけど、「それではだめです、本人を連れてきてください」ということで八方ふさがり。

そんなとき『ひきこもり国語辞典』が通訳みたいになって、なるほど~、こんな気持ちなんだ! と少し理解しやすくなります。病気の本人だけではなく、周りも理解するためにこういう本があることによかったと思います。

住居確保給付金制度  M・K

家賃が払えなくなって部屋を引き払う人が多くいるみたいですが、住居確保給付金制度を知らないのでしょうか?

利用して助かったという人をきのうテレビで見ました。多分貸し付けではないです。

条件があるのかな? きのうのニュースでも練炭自殺をはかった母子がいましたね。

最近の広報には記載が見当たりません。様々な支援策があるのならもっと情報を普及させるべきと思います。

数時間の外出が一大イベントです  I.K

人と話す時はちゃんと相手の目を見て話せとよく言いますが、志村けんさんはいつもうつむいてボソボソっと話す人だった。それが良かったと山田洋次監督が言ってた。時と場合によるのでしょうね。

きのうクリニックに行ってきました。あまり寝れてなかったのでよく行ってこられたと思います。

帰りにバスを使いましたが乗車率は120%満車でした。わずか数時間の外出が私にとっては一大イベントとなっています。

駅前に新しい商業ビルがオープンし沢山の人が入っていますが、私は行く気になりません。感染対策をしているといっても万全とは思えないからです。

薬のせいで腸の動きが悪くてすぐ便秘になってしまいます。下剤で出すのもしんどくて排泄の調整にも相変わらず苦労しています。

最近の新聞記事に中卒で芥川賞をとった小説家の西村賢太さんの意見に共感しました。

修学旅行や卒業式も出来ない若い人が可哀想だとは思えないというものでした。15歳から独りで生きてきた筆者にとっては学べるだけましという感覚でしょうか。

ひきこもり国語辞典ーいろいろ

SくんがFacebookに投稿しました。数人がやり取りしています。
適当なイニシャルをつけて紹介します。◆

Makoto S  我ながらよく売り歩いたわ。

M Y
熱心に売り歩いてたねぇ。自信作だったんだろうね。
確かに義理ではなくほんとうに欲しくなって買ったっけ。
Makoto S  ありがとうございます。
この本は好き嫌いわかれるけど面白いだろと思って売り歩いてましたね。

Y Y
めっちゃ買った。著書ではなかったと今知った。
Makoto S そうなんです。ネタをたくさん投稿してたんです。
それと手作り本作るときちょっと手伝ったぐらいです。

R U 
手作り冊子の頃からのファン あゆみ書店の手作り感、好きだったー。こんな舞台裏があったとは。
松田さんにも80人以上のみなさんに売上が渡るように。
ファン待望の出版で家族会でもクチコミして、たくさん読んでほしい。
ページをパッと開いた言葉に「あるある」で読めるおもしろさは格別。
ちなみに手作り冊子はもう売らないよね?
Makoto S 
ありがとうございます 松田さんはこういうとこ義理堅いですね。
いろいろな人に読んで欲しいです。 残念ながら手作り本はもう作らないです。
R U 
うんうんホントに。松田さんの人柄だね。
あゆみ書店の手作り希少本、大事にしよう 明日の会でもクチコミます!

T M 
当事者の「生」の声が入っているのが良いですね。
自虐的ながらも、ユーモアにあふれている。
ひきこもりが良い悪いという二元論のメディアが多い中、中立的な立ち位置のひきこもり辞典は、革新的だったと記憶しています。
松田武己 
家族から非難を受けている人から、ひきこもりの代弁者が欲しいといわれたことがあります。
反論するにしてもすぐに言い負かされてしまった、木端微塵にされたという人もいました。
そういう人にこれ読んでという本ができたと思っています。

ネットに誤解を招く書き込みをし反省- ペンネーム「ころ」

川崎市市民局人権・男女共同参画室主催の川崎市人権学校「インターネットの危険性 ―被害者にも加害者にもならないためにー」という講座をオンラインで受講しました。

講師は埼玉弁護士会所属の船越雄一先生です。

私もかつて、ネットに誤解を招くような書き込みをしたことがあり、受講して、深く反省する点がありました。

ご迷惑をおかけした方々に深くお詫び申し上げます。

ひきこもり五七五  古菫

『ひきこもり国語辞典』のなかに、川柳的な五七五を10首余り採用しました。
掲載後の締め切りの後も、作品作りは続いています。

そのうち2首をここに掲載します。
感想はいかがでしょうか。

〽 ひきこもり 二人連れ来て 気圧(けお)される

〽 ひきこもり 不要不急のことをしよう

つぶやき  AYさん

決して自分であってはならない、自分を出したら愛されないが根底にある。

幼児期に密着した愛情欲求が満たされなかった。

自分でない自分を出したとき母親に受け入れられた。

おとなしい子、ものわかりのよい子、我慢強い子、全て子どもの本質ではない狼少年が人間に戻れなかったごとく自分を偽る労力は大変なもの。

母親は大切な人だから自分に刃を向けてしまう。

私は人と違う。人と交流出来ない。人と居ることは苦痛でしかない。自閉になってしまう。

人にどう見られるかがいちばん大事で50年、びくびくと生きてきた。

いろいろあって私は変わった。

今は生きることがなんて幸せなのだろうかと思えるようになれた。

自分を変えることは苦しい修行だった。

一年間寝込んでしまった。

薬の力も借りた。

自分の本当の気持ちを出すことは恐怖でしかなかった。

愛する能力のない人間に育てられたが愛する能力のある人はいる。

人はありのままの自分を出しても決して嫌わないし長所を見つけるのが好きと念仏のように唱え、人を避けず人の中に入っていった。

逆がまた真である。

そして少しずつ自分を出しても人は受け入れてくれるのだということが実感できてきた。

私のような無駄な苦しみを味わっている人を少しでも助けられたらと思っています。

MKさんへのお礼 - IM

お返事ありがとうございます。じっくり読みました。私もすきなアニメがあり、そういえば、引きこもっていた当時はセーラームーンのほたるというキャラをよく描いていました。幼女の絵もよくかいていました。無意識にセラピーしていたんだとおもいます。無意識に自分を癒しているんですね、

人間のつよさを感じました。いまは構築できなかった父親との関係を旦那さんとセラピーしています。MKさんがスッキリされていると聞きよかったです。

深いお返事を本当にありがとうございました。

「4コマ漫画はセラピーのようです」のIMさんへ  MKさん

4コマ漫画の作業をとても丁寧に取り組まれたようで、ご苦労様です。
IMさんの問いかけへのお返事に、ネットで見つけた文章の私が興味深いと思った部分をところどころ取り上げてみました。日本で精神科医を目指す方で、EUと日本の医師免許を取られたイタリア人男性の研修医さんの、一年ほど前の記事です。

イタリア人医師が考える、日本に引きこもりが多い理由。

引きこもりは世界中で似た現象が報告され、「Hikikomori」として社会問題になりつつある。――日本では「〇〇しなければいけない」という大きな物語がとても多く、そこに当てはまらないことを気に病んでいる人が多いように思います。――自分の物語を作りなおすとき「アニメ」の力を借りた治療ができるのではないかと考えました。このアイデア自体は新しいものではなく、「間接的学習」を応用した方法です。――カウンセリングを通して、自分の体験を振り返っていく方法はよく知られた治療法ですが、人によっては、過去を振り返ることが難しかったり、振り返ることで大きく傷ついたりする場合もあります。そんな時、他者の物語を借りることで、心の抵抗を下げることができるのではないか、と考えています。特に、二次元の登場人物なら、自分の中でそのキャラクターを作り替えることも容易です。――アニメが、人間関係に関わる脳の部分を刺激するなら、人間関係に起因する症状を和らげ、治すこともできるはずです。


私も、漫画やアニメ、映画や歴史上の人物などを使ってきましたが、主に自分のキャラクターから生み出されるストーリーを通じて、さまざまな感情の消化吸収を長年くり返してきました。キャラクターという自分の身代わりを作ることで、普段は接触できないような自分の心の深部に触れることができます。そのキャラクターのイラストを描くことで、自分の感情を客観的かつドラマチックに捉えることができます。怒りの感情もその他の感情と同様にこなれていくと、キャラクターに深みが増して、奥深い感情の要素の一つになっていきます。

怒りの感情のもう少し早い消化の仕方もお話します。怒りの感情は、悲しみや寂しさや痛みや同情など別の感情から派生しているものなので、怒りの前に生まれている感情を探ります。また、どのような怒りの感情も、大切にしたい(したかった・されたい・されたかった)何かがあるからこそ生まれてくるものなので、その大切なものへ意識を向けます。さらに、その大切なものをどのように大切にしたい(したかった・されたい・されたかった)のかが分かるとより良いですし、さらにそれを実行できる状況の時に実行できたら理想的です。

言葉にして説明すると簡単そうに思われそうですが、苦しみが重いほどこの一つひとつの取り組み全てに時間がかかり精神力や集中力を必要とするので、必要なだけ時間をかけざるを得ません。つらくなったらその場しのぎで楽しいことを考えたり、気を紛らわせてごまかしながら生きている人が大半だと思いますし、そのやり方を取り入れていくのも一つの賢い方法だと思います。
両親から受けてきたハラスメントは一生許せるものではありませんが、このような取り組みをしてきたのもあって、感情的にはスッキリしている感じです。
人それぞれご自分に合うやり方があると思いますが、ご参考になれば幸いです。

4コマ漫画はセラピーのようです  ペンネームIM

今回、引きこもり国語辞典で4コマ漫画などで 少しでも 関われて非常によかったと思う。自分の 4コマ漫画 や言葉には、特に怒りを表現したものが多いと気付いた。自分の人生を振り替えってああそれは当たり前といっていいほど辛いことが多すぎたなと今さらながら思い当たる。

幼年期には病気をし、小中といじめられて、親は母だけで手薄い子育てだった。それで怒りがないといえばうそになる。私にとっての4コマ漫画をつくる作業は怒りをひとつひとつ編むような作業だった。しかしその作業が、絵画療法のようなセラピーになりすっきりしたような、幽霊の正体がわかったような気持ちでいる。そのことは松田さんはじめみなさんにお礼をいいたいと思う。

しかし、不条理にたいする怒りはすっきりとなくなったわけではない。孤独な夜におしよせてきたり、小学校に乱入したニュースなどをみて、ああこれはと思ったりする。そんなときは世の中の不条理にたいする怒りと無力感に襲われる。そんなとき、みなさんはどうしていますか。消化できない怒りがまだ自分のなかにあるのを自分で感じた時は。怒りの処理のしかた、それはまた生きる方法でもあると思っています。

WordPress Themes