Category: 13:東京都

●文通番号15-11  「よい子」いまだ開放されず

ミズキ 〔東京都八王子市 男 38歳 無職〕

 子どもはよい子プレッシャーという大人の甘えから逃れることができません。私も絶えず「学校へ行きたいんでしょ、勉強したいんでしょ、どうなの? 」とYESと答えることしか許されぬ質問をつきつけられてきました。

 つまり形の上だけ自分の生き方を決める自由を認め、事実上はそれを剥奪しようという、いわば詐欺的カラクリに縛られてきたともいえるでしょう。

 現在引きこもりに限らず「生き疲れた」と感じている子どもや若者が増加しているといわれています。表現こそ紋切り型ですが「自分はよい子を演じていた」という実感は彼らの多くに共通してあるようです。

 彼らが「よくない子として生きる自由」と「よい子の疲労を癒す機会」をいかに奪われ続けてきたがを如実に示すものといえるでしょう。

 それでは大人になった今、二、三十代の引きこもり者はこのプレッシャーから開放されたのでしょうか。相変わらずよい子と思われるために社会のいう「しなくてはいけないこと」を自分が「したいこと」のように言い換えてはいないでしょうか。「できないことはしない」と意志的に主張する自由を放棄してはいないでしょうか。

 自分自身の経験と照らし合わせても私は、このような自分の嘘、あるいは嘘とも呼べない無意識のタテマエを見破る眼を勝ち獲るためには、十分な時間をかけて一人自分の心と向き合う体験が必要だと思います。

 しかしこのような体験の必要性は広く一般的に理解されているとはいえません。それどころか残念ながら引きこもりに対する偏見の側ではなく、「あくまでも善意の支援活動」によってわれわれはこのような体験を持つ機会をしばしば逃してしまいかねないのが現状です。

 たとえ善意によるものであれ「引きこもり=間違った生き方」という「切断操作」的発想に基づいた対応は、引きこもり問題に固定・濃密化しかもたらさないであろうことは第7号で指摘した通りです。

 去年の秋あるテレビ番組内で引きこもり支援活動に携わるあるカウンセラーによる「彼らはみな社会に復帰したいと望んでいる」という意味の発言がありました。引きこもりの当事者の多くはこの発言を好意的なコメントとして歓迎するかもしれません。

 しかしこれも前に述べた通り私は無条件に現社会に復帰するつもりはありませんし、この確かに悪意からではないにせよ、結果的には問題の核心をすり替えてしまいかねない発言には若干疑問を感じました。

 「引きこもる自由」がいまだ認められぬ現在、一部支援者は社会の批判におびえる引きこもり者に対してあまりに無自覚に「社会復帰かさもなくば反逆か」という踏み絵を迫ってはいないでしょうか。

 「大人の甘えに応える元気がまだ残っている者だけを是とし、救済しよう」という支援者の活動方針に置き去りにされ、あるいは追い詰められる「一番疲れた者たち」はどうなるのでしょうか。

☆ ☆ ☆

●文通番号15-04  かけがえのない貴方へ

ちー坊 〔東京都青梅市 女 35歳 不登校の子のボランティア〕

 私! みんなの投稿読んでて思いました。せっかく生まれてきたので自分大事にして下さい。せっかく生きてここにいるのだから、貴方のしたいこと好きなこといっぱいいっぱいしてください。じゃなきゃ貴方がかわいそうです。

 私も最近まではやく人生を終えたいと思ってました。だけどじゃああと1週間で人生終わりなら何したい? っと思って考えついたことに、私は子どもの頃母に焼かれたマンガを思い出しました。

 いっぱいマンガよみたかった。お金もあまり使っちゃいけないと思っていたので買うことも出来ず、やりたいこともないと思っていました。でももうなんでもいいからやりたいこと自分にやらしてあげようと思ったんです。

 だってじゃなきゃ自分が苦しくてさびしくて悲しくてつまらないし、やることもやりたいこともなくなっちゃうから。

 そしてマンガを読み始めて私は嬉しくて嬉しくて、この世に生まれて良かったと思いました。

 そしてなるべく古本屋の大安売りの時に(けなげでしょ笑)たくさん買いこんで読んでました。だけどやっぱり途中、こんなことしてていいのかとか、何かお金になることをしないととか、外に出て人に会わなくてはとかいろいろ思ったりもしました。

 だけどやりたいことを続けました。

 そして古本屋へいく自分がいつのまにか、うれしくってつい顔がにやけてしまったりして、レジのお兄さんはもしかして自分のことが好きなんじゃないかとかかんちがいさしてしまったこともあったかもしれない……。(笑)

 そんなこんなでだんだん私はマンガの中にでてくる人たちみたいに、優しくしたりされたりドキドキしたりわくわくしたり感動したり感激したり頭をなでてもらったり、人を好きになったり人に好かれたりしたいと思うようになりました。

 そして新しく“何か”を始めたいと思うようになりました。

 そうするにはどうしたらいいんだろうか、また、考えました。自分はどんなことがしたくてどんなふうなこと、どんな所で何をしたいか。

 そのための自分の世界のこと。たとえくだらなくてもバカバカしくてもムリでもいいんです。自分が本当はどんなことがしたいのか。親にいわれて良いらしいと思うことでなく、ダメといわれてやめてしまったたくさんのこと。

 それらは貴方の夢のカケラだよ! 貴方自身のかけらでもある。本当にしたいこと、自分が自分として生きてゆくこと。この世に生まれた意味、意義。自分自身のための人生。

 自分の人生はだれも代わってくれない。代われない。たとえ他の人になりたくても貴方は貴方でしかいられない。貴方のことが出来るのは貴方しかいないんです!! だから貴方の本当にしたいことして下さい。それは必ず貴方だけでない貴方の周りの人も含めた“みんな”を幸せにするのだから。

 貴方のしあわせは私もしあわせ。

 私のしあわせはあなたもしあわせにする。私の願いはそれです。

 君が悲しいとボクも悲しい。自分だけうれしくてもうれしくない。君がうれしいとボクもうれしい。……忘れないでね!

 君のことあいしているyo! 君はひとりじゃないからね。

☆ ☆ ☆

●文通番号14-07  古典の世界

色メガネ君 〔東京都世田谷区 男 26歳〕

『方丈記』

 世にしたがえば、身くるし、したがはねば、狂せるに似たり。いずれの所を占めて、いかなるわざをしても、しばしも、この身を宿し、たまゆらも心を休むべき。わが身、父方の祖母の家をつたえて、久しくかの所に住む。その後、縁欠けて身衰へ、しのぶかたがたしげかりしかど、つひにあととむる事を得ず。

 三十あまりにして、更にわが心と、一つの庵をむすぶ。これをありしすまひにならぶるに、十分が一なり。

 居屋ばかりをかまえて、はかばかしく屋をつくるに及ばず。わずかに築地を築けりといへども、門を建つるたずきなし。竹を柱として車をやどせり。(続編)

 世にしたがえば、心、外の塵に奪はれて惑ひ易く、人に交はれば、言葉、よその聞きにしたがひて、さながら心にあらず。

 人に戯れ、物に争ひ、一度は恨み、一度は喜ぶ。

 その事定まれることなし。分別みだりに起りて、得失止む時なし。惑ひの上に酔へり。

 酔の中に夢をなす。走りて急がはしく、ほれて忘れたる事、人皆かくのごとし。

 未だまことの道を知らずとも、縁を離れて見を静かにし、事にあずからずして、心を安くせんこそ、しばらく楽しぶとも言ひづべけれ。  以上

『伊勢物語』

 昔男ありけり。身は癒しながら母なむ宮なりける。長岡といふ所にすみ給ひけり。

 子は京に宮仕しければ参ずとしけれど、しばしばえ参です。さるに十二月ばかりに、とみの事とて御文ありと言へばいよいよ見まくほしき君かな。  おしまい

☆ ☆ ☆

●文通番号12-25  親愛なるわが友レウカへ

ミズキ+Shi 〔東京都八王子市 男 37歳 無職〕

 早いもので1週間が経とうとしている。あの夜、それまでリアイバ号の船室にいたはずの乗員数名は、一瞬後には夜の大海原に放り出されていた。幸いそれぞれ板切れにつかまり命拾いした私たち2人も、じきにお互いの姿を波間に見失った。最後に見たのは荒波の彼方に遠ざかる船影に手を振りながら叫ぶ君の姿だった。

 君は私を怪我で気を失ったものと思ったかもしれない。しかし私の意識はむしろいつになく冴えていた。私が君と一緒になって助けを求めなかったのは月明りに暴かれたあの光景を見てしまったからなのだ。

 「沈マザル船」リバイア号のすでに朽ちかけた舷側にいくつもの空いた無残な大穴。その穴から1人、また1人と海へ落ちて行く乗員たち。必死で助けを求める遭難者、懸命に救助の手を差し伸べる甲板員。しかし船が停まることは決してない。「常ニ前進セヨ」という「船ノ意志」は絶対なのだ。甲板からは舷側の大穴は見えない。見えるのはただしだいに数を増しつつある転落者たちのみ。

 「レウカ! あの穴を見ろ、リバイアはもう駄目だ! この板に賭けよう! 」。私は君に呼びかけた。だが、私の声は助けを求める君の声にかき消されその耳には届かなっかたようだ。あるいはまだ解けぬ「船ノ意志」の呪縛が君の目を覆い、耳を塞いだのか……。

 仮にリバイア号がこれからも沈むことなく航海を続けるとしても私には戻る気はない。あのとき船に追いつこうと泳ぎもせず、君と違って助けを求めもしなかった私は、「嵐二乗ジ船体ヲ破壊シ、逃亡ヲ図リタル奴隷」と見なされ罰を受けることだろう。

 奴隷? そう、あの船に乗員などいるものか。船長までがいつしか「船ノ意志」に盲従する奴隷になってしまっていた。しかし私は奴隷ではない。「船を捨てたおまえなどもはや船乗りでもない」との謗りは甘んじて受けよう。しかし私は決めたのだ。船の奴隷であるより自分の主人であろうと。今となってはこの板切れこそが命を共にできる私の船である。さらば! 呪われし不沈船よ。

 あの後私は数日間の漂流の末、無人の孤島にたどり着き、無事こうして今まで生き延びた。あれから君はどうしただろうか。今なお辛うじて航海を続けるリバイア号に拾われ、今頃は1日の苦役を終え、支給の酒に酔っているのか。それとも……。

 願わくは運よく生きのびた君が、私と同じようにどこか美しき孤島で、あるいは仲間と漂う筏の上で読んでくれることを祈って、このビン詰めの手紙を海流に託すことにする。よい新年を。

☆ ☆ ☆

●文通番号11-18  自然にこそわが生きる道

ミズキ [東京都八王子市 男 37歳 無職]

 「人は社会的であるがゆえに醜く、自然であるがゆえに美しい」。これが今の私の人間観です。「人間=社会性ヒト」という定義に従えば、私は「人間嫌い」ではあっても「ヒト嫌い」ではないといえるかもしれません。

 私のいう「社会」とは人の意識の上で組み立てられ、意識の上に映し出される「世の中の表面」であり、見る角度によって現れる薄い膜に過ぎません。そこでは人の生き方、物のあり方も規範によって定められ、その理由も明快です。

 一方私のいう「自然」とはあらゆる社会規範からフリーな存在として生きる自由をわれわれに与えているものです。この自由のままにわれわれが行う無意識の営みこそ人間の自然たる証しです。この自由を尊重されているという実感なくして恐らく人は生きる喜びを感じながら人生を送ることはできないでしょう。

 全ての人が自然と社会の間でうまくバランスを取って生きられればそれが一番かもしれません。しかし残念ながら、社会という観点からしかこの世界を見られない大人たちによるマインドコントロールが学校や家庭で教育の名の下に行われる今日、多くの子どもたちがしばしば「単なるわがまま」の非難のもとに本来尊重されて然るべき自由を奪われ、苦しんでいるのです。

 社会による規範の押しつけを正当化するために「そもそも人間は全くの自由には耐えられないものである」などという主張がなされることがあります。自分に与えられた自由の大きさ気づいて戸惑う人もいるのは確かでしょう。しかし私は個人の自由を守るためにこのような押し付けと依存の連鎖を断ち切り、「自然に帰る」ことの必要性をこそ強く訴えたいと思います。

 自然はさまざまな自由をわれわれに与えます。たとえば自然界には死ぬ自由があり、だからこそ「生きる自由」もあるのです。一方、社会はわれわれに死ぬ自由を認めませんから、そこにあるのは「生きる義務」でしかなく、自由はありません。

 この「人は生きねばならないものである」という強迫的な命題に生きる喜びより煩わしさを感じる人も少なくないのではないかと私は想像します。いかがでしょう。社会はみなさんに勉強や仕事をし、友達をつくる「自由」を与えていたでしょうか。

 生きる自由のないところには生きる喜びはなく、生きる喜びのないところには生きる力も湧いてこようはずがありません。今この社会に生きることにより傷ついた多くの人に必要なのは「自分の生き方を決める自由」と「その結果に対する責任」を自覚すること、すなわち「社会からの自立」にこそ他ならないでしょう。

☆ ☆ ☆

●文通番号9-12  憎み合うなら「人間」同士で

ミズキ 〔東京都八王子市 男 37歳 無職〕

 周囲の憎しみや軽蔑をきっかけに引きこもった人や、引きこもったことにより新たに憎しみや軽蔑を受けた人の数を想像したとき、必ずや引きこもり問題解決の重要なキーの一つとなるであろうと思われる「なぜ人は憎み合うのか」というテーマについて私なりに考えてみたいと思います。

 この世の中に渦巻く憎しみや軽蔑は全部までとはいえぬまでもほとんどは、現社会システムが不可避的に生み出すものといえるでしょう。なぜなら人間の営みのほとんどがこの社会では「善(社会の維持・発展に役立つもの)か悪(社会の役に立たぬもの)」という次元において評価されるからです。

 人間社会における憎しみ・軽蔑の多くが「自分は社会的に価値ある(正しい・優れた)人間なのだ」という思い上がった意識に裏づけられていることからもこのことは納得して頂けると思います。

 「社会」や「善悪」といった観念を持たない動物たちが、遺伝子にプログラムされた本能のままに振る舞い、欲望のままに生きながら無意識かつ結果的に彼らの社会を作っているのに対し、人間は「社会のために」自らの欲望を抑え、遊びたいのを我慢して勉強や仕事をします。

 旧来の日常的感覚からすればこれは「正しい」生き方なのでしょう。

 なぜなら個人の努力によって社会は進歩・発展を遂げ、そのおかげで昔は多くの人々がより幸せを感じられるようになった訳ですから。おそらく努力した本人も欲望を抑えたことによるフラストレーションを上回る幸せを感じることができたのでしょう。

 社会は努力した者にプライドを与え、個人はプライドと引き換えに幸せを手に入れる。いわば「プライドという貨幣」を求める人々の活動により維持され、発展する社会。ここに資本主義ならぬ「プライド主義」ともいうべきシステムが成立したのです。

 しかし人間はしばしば目的と手段を転倒する、というカン違いをします。「社会の維持・発展」自体が目的となり「人間のための社会」より「社会のための人間」が求められるようになってしまった現代においては、このシステムがもはや多くの人を幸せにするために有効に機能しないのは明らかです。

 なんの目的意識もないまま、社会が命ずるから、周りの者がそうするからという理由であくせく働いて札束をため込んだ人が得られるのは幸せではなく、おそらく空しさといら立ちだけではないでしょうか。

 「私は社会のために苦しい思いをしたのだ、苦労しない人間を幸せにするものか」

 引きこもりのみならず、イジメ、教師による体罰、児童虐待、自殺、過労死、社会への怨恨を動機とする凶悪犯罪など、多くの悲劇の根底にこの「プライド主義社会」というシステムが生み出した心の歪みがあるように私には思えてなりません。

☆ ☆ ☆

●文通番号9-05  独創性開発

色眼鏡君(AT君) 〔東京都 男 26歳〕

 私は自分という存在理由において、たくさんの違和感や孤独感を抱いています。どうして自分の顔に自信がもてないのか、決然とした意志や自我などをあやふやにしてしまいがちでいます。体裁や見栄を利用して、自分を相当な人間であると気取り言葉を用いては、それで自分をフォロウしています。

 〈僕はダメな奴だ〉……と素直に自分を認められず、他の人には気づかないような独創的な才能はないかと、常に日頃から自分自身を分析しています。

 この不登校情報センターに所属をしてから数か月間で、いくつかの刺激もありました。あとどれぐらいまで関係性が保てるのかは、明確ではありません。現在、ある学習塾にも所属をしています。

 今のところは、何も目標としてるものはなく、ただ学生としての体裁だけにしがみついています。きっと「自分なんて世間で認められるはずもない」。そのようにシャットアウトをしてしまいます。遊ぶことの楽しさや、スポーツで汗をかいたり、また働いて稼ぐことの充実感。それらの生き甲斐は、自分にとっては全くと言ってもいいほどに実感が持てません。頭で考えてばかりでなかなか手も足も出せずに、幻想の世界を思い描く時間が多くあるのです。

 『源氏物語』最終巻

 春の夜の 夢の浮き橋 とだえして

 峰に分かるる 横雲の空

 見渡せば 花も紅葉も なかりけり

 浦の苫屋の 秋の夕ぐれ

☆ ☆ ☆

●文通番号8-08  モノ社会の貧しき「自立」

ミズキ 〔東京都八王子市 男 37歳 無職〕

 去年の秋にあるテレビ番組で、引きこもりの若者が自宅から文字通り引きずり出され、施設に送られる様子が放映されました。

 「五体満足な若者が仕事にも就かずに自宅にこもっているなど許されるべきことではない」という旧来の常識的感覚からすれば、これも彼に対する当然の処置なのでしょう。

 しかし私は、いかにこの社会において「精神」というものに対する理解が立ち遅れているかを見せつけられたような気がしました。「身体」と同様われわれの「精神」も重要かつ複雑なものであり、そこに抱える問題も人によりさまざまなはずです。体に障害があって歩くことができない人から車椅子や松葉杖を取り上げ無理やり歩かせようとする施設など存在するのでしょうか。

 また一人前の社会人の条件としてしばしば「自立」の重要性が強調され、私のように学齢期を過ぎて引きこもり生活を送る者に対するプレッシャーとなっていますが、もし自力で金を稼いで生活することが自立の必須条件であるなら、体に障害があり金を稼ぐ能力のない人は自立できないことになります。

 しかし彼らを寄生虫扱いすることはこの社会では少なくとも表立っては許されていません。ここも「身体」と「精神」に対する認識のアンバランスが感じられます。

 もっとも「障害はとは何か」「引きこもりは障害か」といった問題についてはいまだ議論の余地もあり、今後の研究や価値観の変化に期待をかけながら気長に待つしかないのかもしれません。

 ともあれこのように身体や経済といった人間や生活の物質的側面ばかりを強調する風潮が、一方で「引きこもりイコール強制すべき反社会的行為」という主張を生み、一方では「自立」観そのものを歪めているという事実は確かに存在するのです。

 そもそも自立とはなんでしょうか。「モノ・カネ社会」に適応し、物質的に自立した人は全て精神的にも自立を遂げているのでしょうか。

 私の考えでは答えは「ノー」です。

「自分で稼いだ金で生きる」ことを物質的自立とすれば、精神的自立とはまさに「私は自分の自由と責任の下に行動する」という意識を持つことに他なりません。

 「私は自分のために金を稼いでいる」という人も「たとえ貧乏しても働きたくないから働かない」という人も精神的自立という点では等しいのです。

 一方、自分で判断し選択する自由と責任を放棄し、「人間は社会のために働くべきだ」という押しつけられたフィクションを唯一の真理のごとく押し頂、イヤイヤ働いてたまったフラストレーションを働かない者への非難・攻撃という形で発散する。そんな「模範的社会人」もいます。

 たとえ何億円稼ごうと、何十人の家族を養おうとこのような人が精神的な自立とはほぼ遠い状態にあることはいうまでもありません。

 問題は「何のために働いて金を稼ぐか」にとどまりません。社会のためにイヤイヤ勉強した人は(教育者を含め)頭の悪い人をいじめ、社会のために「正しい生き方」を自分に課す人はしばしば偏狭な正義を振りかざして他人を責めます。

 思えば精神的に自立を遂げた人間などこのモノカネ本位のプライド主義社会にとっては単なる邪魔者に過ぎないのではないでしょうか。

☆ ☆ ☆

●文通通番号7-28  「自立的引きこもり者」宣言

ミズキ 〔東京都八王子市 男 37歳 無職〕

 私が「自分は間違った生き方はしていない」という確信を得るに至ったのは思えば最近のことです。おそらく多くの若い人は今も孤独のうちに自信を失い、言葉になり難い思いを抱えているのでしょう。

 しかしあえて私は「引きこもり者の増加」という現実について、また「引きこもりの存在意義」とでもいうべきものについて当の引きこもり者がどう感じているかに強い興味を覚えます。

 治療の責任も原因も個人に負わせるべき病気としてではなく、社会全体の問題として引きこもりをとらえようという動きがせっかく起こっている今だからこそです。

 前に見た映画の中の言葉に「賢者は自分を社会に適応させ、愚者は社会を自分に適応させる。故に社会の進歩は愚者によってなされる」(バーナード・ショー)ということばがありました。正論・常識の示す人間像と自分とのギャップに苦しんでいる人たちも「賢者」になれない自分をどうか責めたり恥じたりしないで下さい。

 われわれにはたとえば「バカでいる自由」があり、「働かない自由」もあり、ついでに「引きこもる自由」もあるはずです。社会が何といおうとこれは「自然」が生き物としての人間に与えた自由なのです。人間が自然であることを自覚し、互いに尊重しあえるようになれば二重の意味で「引きこもり問題」はこの世に存在しなくなるでしょう。

 ところで個人的には私は「社会復帰」という言葉に少なからず抵抗を感じざるを得ません。世の中との関わりの上で引きこもり者にしか果たせない役割があるとすれば、それはすでに疲弊した現社会のシステムに追いついてそれを支えることではなく、むしろ「社会との共依存」から個人が解放される新時代の先駆けとして生きることだと思うからです。

 社会との共依存とはどういう状態を差すかといえば「社会が個人から自由を奪い、個人は社会に責任を押しつける」ことであり、たとえば前の戦争の際などはこの共依存がみごとに機能したといえるでしょう。

 思えば当時と現在の間に人の常識はどれほど変化したでしょうか。十分な幸せを買える以上のプライドを社会のために稼ぐことを強いられる今だってある意味で戦争と言えるかもしれません。

 ところで、残念なことに引きこもり者を励ますつもりか強迫的な前向き指向や努力信仰など、旧来の正論・常識に迎合するような意見を述べる引きこもり経験者をときおり見受けます。このような言葉が依存的な心理状態にある人やもともとそのような性格の人に対しては麻薬のように働くであろうことは想像に難くありません。励ましを受け社会復帰を遂げた人は、今度は引きこもり者を励ます側に回るでしょう。

 しかし新しく形成されたこの連鎖こそは先に述べた共依存の一種に他ならないと思われます。引きこもり者に対してやさしく差し伸べられた手のように見えて、実のところこのような意見は孤独と焦りのまっただ中にいる人たちにはかなりのプレッシャーとなるでしょう。

 彼らが「依存的引きこもり者」と「現社会システム復帰者」の連鎖に疎外を感じ、さらに深い孤独に陥ってしまうとしたら社会問題としての引きこもりは解決ではなくむしろ固定・濃密化に向かってしまうだろうと私は確信しています。

 反論・質問を歓迎します。

☆ ☆ ☆

●文通番号7-22  働かざる者食うべからず

いちじゅ〔東京都足立区 男 29歳 家事手伝い〕

 「働かざる者食うべからず」。この言葉を親や周囲から言われた方は多いと思います。レーニンの格言ですが、新約聖書からの引用だと最近知りました。

 原文は「働きたくない者は、食べてはならない」です(テサロニケの信徒への手紙2 3章10節)。

 働きたくなくて引きこもっている人はあまりいません。この言葉で引きこもりを非難するのは的外れです。

 レーニンが言う「働かざる者」とは、資本家らのことを指しています。スターリンの時代、シベリアで日本人捕虜に対する強制労働のスローガンに悪用され、間違った意味が広まったのではないでしょうか。

☆ ☆ ☆

WordPress Themes