125  螺旋

4月 4th, 2019  / Author: 中崎シホ

 

 

ロックンロールを

丁寧に

パンクシーンを

敬虔に

 

空なるソウルに

爆発を

沈むリズムに

上昇を

 

あえてピンチに

挑まない

きたるチャンスに

奢らない

 

ダンスのきれる

足運び

ラセンをえがく

道のあと

 

124 不在の身体

3月 4th, 2019  / Author: 中崎シホ

 

 

眼は

閉じるためにある

闇と親しくなるように

 

  暗黒に潜む

  閃光

 

耳は

塞ぐためにある

沈黙に浸されるように

 

  静寂に沈む

  音声

 

腕は

抱えないためにある

空中を掻けるように

 

  手放すべきもの

  もとよりない

 

足は

立ち止まるためにある

地に根を張れるように

 

  歩むべきこと

  前後もない

 

身体中の

あらゆる不在こそが

あるいは

在ることそのもの

 

123 一瞬ずつを

2月 2nd, 2019  / Author: 中崎シホ

 

 

殺人的な空腹感

末期的な疲労感

生死も有無も

おそれのままに

 

自滅志向の自明性

神経系統の神秘性

自虐し自慰し

敗走する脳細胞

 

絶対的に絶体絶命

相対的に相思相愛

普遍なるもの

移ろうもの

 

此岸と彼岸の

つながる川辺

天と地とを

つらぬく風

 

過去は加工し

未来は見ない

今一瞬ずつを

捨ててはたぐって

 

122  溶解

1月 9th, 2019  / Author: 中崎シホ

 

 

無気力な身を

もてあまし

希薄な日々の

くり返し

 

空白の過去

かえりみるとも

心にあく穴

不安にかられ

 

つかみどころのない

液体のような

現在

現実

 

ペン先から

一片ずつ

つむぐ言の葉

紙の上

 

発語はいつか

己を離れ

ねかした末に

発酵する文字

 

溶けゆく固まり

ゆるゆると

解けゆく絡まり

ほろほろと

 

121 夢と現と

12月 3rd, 2018  / Author: 中崎シホ

 

 

まぼろし三昧

ゆめ三昧

うつつ摑めず

空ろなむくろ

 

暗雲ずくめ

黒ずくめ

病みあがりの闇

ただ漂う

 

心はここに

身はみちに

歩みあるのみ

踏み入る深み

 

止むに止まれず

祈りの命

夢はゆめゆめ

有無うまず

 

120 風もにわかに

11月 3rd, 2018  / Author: 中崎シホ

 

 

希薄な空気を

息する身体

 

濃密なヒミツの

波打つ脳内

 

実体らしきは

目に見えず

 

遠い金属質の

音の交錯

 

失われる

自我より帰すもの

 

到達のない

生死の遍歴

 

日と光

闇と夜気

 

風もにわかに

吹き溜まる

 

119  小舟

10月 4th, 2018  / Author: 中崎シホ

 

 

凍える人よ

我が身をくるむ

敷布をはがせ

 

飢えたる人よ

我が身をみたす

食餌をこばめ

 

寒さ

空腹

孤独

それらもあるいは

密かな快感

 

生きているから

痛むんだ

死に向かうから

道はあるんだ

 

行く方は

羅針盤の

針のさすまま

天道まかせ

 

うねる

波のまにまに

小舟が浮かぶ