カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


デイサービス施設「十彩」

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 北海道 > 千歳市 > デイサービス施設「十彩」

デイサービス施設「十彩」

所在地 北海道千歳市
TEL 080・9615・6659
FAX

食事と交流機会 子供に提供「子ども食堂」きょう開業 社交場目指し「駄菓子屋」併設 千歳で初
【千歳】子供に食事と交流の機会を提供する千歳初の「子ども食堂」が、障害児のデイサービス施設「十彩(といろ)」(大和1)にオープンする。
小学1年から高校3年までだれでも利用でき、4日を皮切りに毎週土曜日に開く計画だ。
子供の社交場として昔ながらの「駄菓子屋」を併設するなどの趣向を凝らしており、運営するボランティアたちは「ぜひ気軽に利用して」と呼びかけている。
運営するのは、同施設の職員と地元市民らによるボランティア9人。
約15平方メートルの部屋で毎週土曜日の午後5~7時に開く。
夕食を食べた後、ボランティアが自身の職業経験を紹介したり、あいさつなどのマナーを教えたりする「しごと塾」を15分間開く。
隣の部屋には、約30種の駄菓子を陳列。
1人につき10個ずつ配って、食べながら交流してもらう。
手作りの木製ベンチを置き、すだれを壁にかけて装飾するなど、昭和風の駄菓子屋の雰囲気づくりを目指した。
主な財源は寄付金で、これまでに市民ら63人から約30万円が寄せられた。
食材の提供も呼びかけており、農家や食料品店など3個人・団体が協力の名乗りを上げた。
同施設のスタッフで子ども食堂の責任者の高木早紀さん(29)は「目指すのは、子供がほっと一息つける居場所づくり。多くの人の力添えを頂けたらうれしい」と、引き続きボランティアの参加や寄付、食材の提供を呼びかけていく。
子ども食堂は、共働きの世帯などで1人で食事をしがちな子供らを支える取り組みとして全国に拡大。
恵庭市内では、NPO法人ワーカーズコープが昨年夏から毎月1回、開いている。
利用料金は食事、駄菓子代を合わせて100円。
親子での利用も可能で、その場合、大人は200円。
問い合わせは高木さん(電)080・9615・6659へ。
〔◆平成29(2017)年3月4日 北海道新聞 朝刊地方〕 
 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス