カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


兵庫県立神出学園

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ >> 兵庫県(地域) > 神戸市 > 兵庫県立神出学園


兵庫県立神出学園

名称 ひょうごけんりつ かんでがくえん
教育機関としての性格 フリースクール
教育活動の特色 不登校などを経験した人達が、豊かな自然の中でスタッフや仲間とふれあいながらさまざまな体験を通じて一人一人が自己理解を深め、進路を発見できるように支援する、全寮制の学舎です。


在籍期間は2年以内。入学時期は4月か10月(各20名程度募集)。
代表 小林 剛
住所 〒651-2304 神戸市西区神出町小束野30

TEL 078-965-1122
FAX 078-965-1123
学費 月納金/40,000円(食費、寮費、体験活動費等。)
情報提供年月 2013年4月



不登校や引きこもり支援 神出学園がノウハウ本
不登校や引きこもりで居場所をなくした若者の自立を支援する兵庫県立神出学園(神戸市西区)のノウハウが「癒やしの丘で」(神戸新聞総合出版センター編)と題した本にまとめられ、出版された。
仲間と寮生活を送り、体験学習を通じて学園生の立ち直りを支える仕組みを紹介している。
同出版センターが取材・編集し、学園が協力。1994年の開園から学園長を勤める小林剛(つよし)さんが監修した。
本は、不登校や高校中退者の居場所づくりが社会問題となって誕生した学園の生い立ちを紹介。
歌手や小説家などさまざまな職業人と交流する「元気アップセミナー」や課外活動など、体験プログラム中心の学園生活や、寮の仕組みについて詳述している。
「内向的で対人関係に悩む子どもが増えた。一方で、心の傷を癒やすだけなく、修了後の生活をも見越した支援を充実させている」と小林さん。
昨年度から充実させた進学や就職を見越した支援内容も記述している。
悩みを抱えた若者との接し方として、「『頑張れよ』などの叱咤(しった)激励的対応を慎む」「『そんなのもできないのか』などの評価的言動をしない」などとスタッフの心得を紹介。
学園で再スタートを切り、大学に進学したり養護教諭になったりした修了生の声も掲載している。
小林さんは「同じ釜の飯を食べ、仲間やスタッフと心を通わすことで立ち直っていく。教育関係者や保護者に手に取ってほしい」としている。
207ページ、1728円。
神戸新聞総合出版センターTEL078・362・7138
(井上 駿)
【兵庫県立神出学園】 1994年に日本初の公立宿泊型自立支援施設として開園。
引きこもりや高校などを中退した若者が対象で、現在15~23歳の男女62人が在籍する。
月曜に登校し、木曜に下校する週3泊4日の寮生活を原則2年間送る。
県教育委員会が派遣するスタッフにより、芸術、農作業、キャリア教育など多様な体験学習を受ける。
進路は通信制高校や大学、就職などさまざま。
2015年度までの修了生は590人。
〔2017/1/10 神戸新聞NEXT〕 

このページのトップへ

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス