カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


情報掲載のしかた・学校と支援団体

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 情報・広告の掲載 > 情報掲載のしかた・学校と支援団体



不登校情報センターは、不登校、ひきこもり、発達障害、ニート、対人関係不安の人を支援する団体・組織の広報等のお手伝いをします。
さまざまな立場から対応・支援している団体・組織が共同で支える広報アウトソーシングとして、役立てば幸いです。
これ以外の広報活動を希望されるときは、具体的にご提案をしてください。
ここに列記した方法は全部そのような提案から始まったものです。
1.本ページは不登校情報センターで行う広報サービスの基本内容と必要経費をまとめたものです
(個別のケースでは実情に即した方法を取りますので、ご相談ください)。
TEL : 03-5875-3730
FAX : 03-5875-3731
Mail : open@futoko.info
2.この広報サービスを利用する支援団体の行為に、不法な事態が生じたばあい、不登校情報センターの判断で、ホームページから削除等の対処をする場合があります。
その際に支払いを受けた利用料等は返金できません。
*次のような場合は該当しません:高野山高校の事件
3.ご利用の際、費用が必要になるものは、そのつど請求書を発行いたします。

目次

学校・団体の詳細情報

貴団体・組織を、不登校、ひきこもり、発達障害、ニート等の支援団体を種類別に情報提供するウェブページです。
〔2012年5月一部改定〕

などに区分けして掲載します。 
活動内容に則して2つ以上の区分けされたページに掲載することも可能です。
掲載内容はフォーマット用紙により名称、連絡先、活動内容、学校・相談所・施設としての利用する必要経費などを紹介します。
支援方法により名称が違うとき(例えばフリースクール、相談室、親の会があり、名称が異なる)はそれぞれを1支援団体として扱い、それぞれのページに紹介します。
この分類による情報掲載団体は登録団体です
*すでに掲載しているスクール・団体等は登録団体とみなします。
申込みは所定のフォーマット用紙(学校・支援団体の情報紹介用紙)により情報提供をしてください。それで完了です。
年1回程度の内容等の点検と更新をお願いします。更新料は無料です。

ホームページへのリンク

申し込みにより学校・団体等のホームページにリンクをいたします。
不登校情報センターに各団体を紹介する区分された所定のページがあり、そこに学校・支援団体紹介をした上で、リンク表示をします。
所定ページが複数あるときは(種類または地域)、原則としてそれぞれの掲載箇所からリンク表示をします。
リンクは有料です。次の3種類に分かれますが、判断が難しいときはお問合せください。
1、高校などの「(学校教育法の)一条校」および高校教育同等校(高等専修学校、技能連携校、通信制サポート校、高卒認定予備校)と海外留学支援機関等は年間1万円です。
有料リンクは5か所までの同一経営体・同一名称(分室・~校など)はあわせて1万円です。
2、それ以外の、フリースクール、学習塾、相談機関、就労支援団体などは年間3000円です。
3、親の会・当事者の会および公共機関は無料掲載です。
4、「リンク」と「学校・支援団体の詳細情報の掲載」をしているときは、他の情報掲載(イベント情報、案内書紹介など)を他団体より優先し、無料掲載になります(全部のページが無料になるのではありません)。

バナー広告・スポンサー広告

トップページにバナー広告を募集します。掲載料は年間30万円です。
他のページにもバナー広告または、名称とURL表示の広告掲載を検討しています。

(1)トップページへのバナー広告は年間30万円(分割可能)。
*現在はWSOセンター、日々輝学園高校、代々木髙等学院、国立音楽院を掲載。
(2)イベント情報ページのスポンサー広告は年間5万円。
*現在は浦和高等学園、日々輝学園高校、WSOセンター、北星学園余市高等学校、代々木高等学校を掲載。
(3)「不登校ウィキ・Wiki Futoko」(Wikiページのトップページ)へのバナー広告は年間10万円。 (4)その他、適当なところ⇒まだ準備中で決まったものはありませんが、希望個所がありましたら申し出て下さい。
*バナー広告料は相当なものを考えます。期間は1年間です。

*パソコンが不足していますので、中古(XP以降、ノートも可)の寄贈をしていただければ、広告料の割安とさせていただきます。

ウェブページ「新聞記事ドキュメント」での再利用

新聞・雑誌等で紹介された記事を掲載します。スキャナーで取り込みますので、A4版以内の大きさとします。  記事は全国紙・地方紙・業界紙等を問わず過去10年以内に掲載されたものとします。
集会案内等の「ベタ記事」を除きます。記事中の写真は有効です。
記事の現物または鮮明なコピーを郵送してください。
記事には団体名、連絡先、掲載紙誌と日付をつけます。記事文中よりキーワード(3種類程度)を選び検索できるようにします。
掲載基本料(1点)3000円。追加分1点毎に1000円の掲載料が必要です。
要請により取り下げるとき以外に掲載削除はしません。
「新聞記事ドキュメント」

ウェブページ「活動記録」

フリースクール、相談室等の取り組みを文章等で発表する場です。生徒募集や相談者を募る方法にも活用できます。
予定表や活動方針ではなく、支援対象者の個人ケースをプライベートな事情を守りながら事例報告をしてください。
報告字数は1000字~3200字。掲載料金は5000円(Eメールによる投稿のときは3000円)です。文章の一部校正をすることがあります。
活動記録ドキュメントの同文は『ひきコミ』誌に掲載することがあります(掲載料は上記に含まれます)。
「活動記録」

ウェブページ「Q&A」による団体紹介

学校や支援団体の様子を質問[Q]に答える形で紹介するウェブページです。 質問[Q]は支援団体の種類により異なり、所定の質問[Q]に答える形か、各団体が独自に質問[Q]を作成し、それに答える形でも可能です。
質問[Q]数は最大30項目。回答[A]の長さは4000字以内とします。
「Q&A」の掲載料は3000円です。期限はありませんが、更新するときはその分量により1000円~3000円の更新料が必要です。
「学校Q&A」

ウェブページ「調査発表ライブラリー」

支援団体や研究機関による調査(集計や分析など)をウェブページ上で発表します。方法は次の2通りです。
1、直接にこのページに掲載するもの
2、各支援団体のウェブサイトの発表個所にリンクするもの。

1、2とも費用負担が必要です。
1方式の作業費は文書入力(作成)1000字800円、ホームページ掲載は1000字1000円で計算します。
複雑な表、図表は制作できないことがあります(下書きを見て判断します)。
2方式(リンク方式)は3000円です。

掲載期間は、調査実施(申込)団体からの中止連絡がないかぎり、期限なく掲載します。
「不登校・引きこもりとその支援に関する調査と集計」[1]

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス