カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


稚内市教育委員会

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 北海道 > 稚内市 > 稚内市教育委員会

稚内市教育委員会

所在地 〒097-8686 北海道稚内市中央3丁目13番15号 市役所内
TEL 0162-23-6161(市役所)
FAX
学生ボランティア事業

稚内市教育委員会では、学生ボランティアによる、市内小中学校児童生徒の教育活動や不登校児童生徒の支援をしています。
募集に関する詳細は、稚内市教育委員会 学校教育課にお尋ねください。
学生ボランティアの活動内容
1.学習支援ボランティア
(1)小・中学校における教科指導への支援
(2)小・中学校における総合的な学習の時間への支援
(3)その他教育委員会が認める教育活動への支援
2.不登校支援ボランティア
(1) ひきこもり児童生徒の支援
(2) つばさ学級の活動支援
(3) 保健室登校等の支援
(4) その他教育委員会が認める教育活動への支援

教育委員会教育部学校教育課
学校教育グループ 0162-23-6519(直通)
学校管理グループ 0162-23-6528(直通)

子供の貧困解決 地域と協働で 稚内で教育関係者らシンポ
【稚内】子供の貧困問題を市民ぐるみで考えるシンポジウムが22日、稚内総合文化センターで開かれた。
市内の校長ら教育関係者6人が、貧困家庭対策などについてそれぞれ提言し、市民と情報を共有した。
市と市教委が主催。2回目の今年は約220人が参加した。
子供の貧困問題の解決策として稚内高の若林利行校長は、教育で貧困の連鎖を食い止める重要性を指摘。
「人間形成として教育課程や生徒指導に重点を置きたい」と話した。
また市校長会の鎌田正之会長は、虐待の恐れのある子供がいる家庭などを対象に支援する「見守り家庭」が、市内の東地区ではここ10年で20軒増えている現状を説明。
「学校と地域の福祉が協働することが重要だ」と強調した。
シンポジウムに先立ち、子供の貧困問題を研究する北大大学院の松本伊智朗教授が講演。
貧困に悩む子供への支援について「一方的に支援するのではなく、(支援方法などを)子供と一緒に考えることが重要。稚内にはそれができる土壌がある」と述べた。
〔◆平成28(2016)年11月24日 北海道新聞 朝刊地方〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス