カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


音威子府村立おといねっぷ美術工芸高等学校

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 奨学金のニュース > 音威子府村立おといねっぷ美術工芸高等学校
Icon-path.jpg メインページ > 北海道(団体) > 学校・教育団体 > 全日制高校 > 全日制高校・北海道 > 音威子府村立おといねっぷ美術工芸高等学校
Icon-path.jpg メインページ > 北海道 > 音威子府村 > 音威子府村立おといねっぷ美術工芸高等学校

音威子府村立おといねっぷ美術工芸高等学校

所在地 〒098-2501 北海道中川郡音威子府村字音威子府 181番地の1
TEL 01656-5-3044
FAX 01656-5-3838
E-mail otokoh@seagreen.ocn.ne.jp

道内で最も人口が少ない上川管内音威子府村は、奨学金を呼び水に介護や医療現場の人手不足解消を目指す。
4月から保健師や看護師などを目指して大学、専門学校などに進学する人に最高で月5万円を給付する制度を始めた。
大学や専門学校などの卒業後に村内の医療、福祉施設に就職すれば1年たつごとに奨学金1年分の返済が免除される。
地元のおといねっぷ美術工芸高の卒業生だけではなく、村外の高校出身者でも受けられる。
村は給付型奨学金の導入と合わせて、雇用の場も充実させる。
7億2800万円を投じて、高齢者に住まいと医療介護サービスを提供する複合施設を造る。
既存の村立診療所は看護師の確保が課題になっている。
今のところ奨学金への申し込みはないが、村住民課は「若者が住みたくなるきっかけにして、人口減を防ぎたい」と意気込む。
奨学金制度を利用して若者の定着を狙う自治体は過疎地以外にもある。
旭川市は来年度、大学や専門学校などを卒業して旭川の民間企業に就職する人を対象に、貸与型奨学金の返済額の半分を補助する制度を始める。
日本学生支援機構の第一種奨学金を借りている人が対象で、旭川出身者でなくても構わない。
市経済総務課は「進学後に札幌や東京で就職する人は多い。若い人に旭川に定着してほしい」と話している。
〔平成28(2016)年5月16日 北海道新聞 朝刊全道〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス